安藤優子が林真須美死刑囚に利用されたカレー事件をバイキングで語る




林真須美死刑囚に家に招かれ、いち早く取材をしたのが

安藤優子だった。

毎日のように、林真須美死刑囚から

安藤優子アナに電話がかかってくるようになった。

初めて林家に行った時、

林真須美死刑囚が、しおらしい女だったのだそうです。

林の夫が

「安藤さんにだけ教えてあげる。

一部始終を見ていた高校生がいる。」

と言った。

そこで、必死にその高校生を

調べた。

結局いないと気づいて

林に電話した。

すると

「そうか、探せれなかったのか。

そんなことよりも

弁当でも買ってきてちょうだい。」

と言った。

「安藤さんにだけ」と言われて

むくむくと功名心が湧いた

安藤優子アナ。

林真須美死刑囚に翻弄されてしまったのですね。

最初は貞淑な妻を演じていた林真須美。

次第に本性が出てきました。

安藤に直接電話がかかってくるようになる。

安藤優子アナは、

「ジャーナリストとしては、

失格だった」

と振り返りました。

林真須美死刑囚が

ニュースジャパンの放送後に

「安藤おるやろ。林真須美だけど」

と電話してきた。

林真須美は、毎日のように安藤優子アナに電話し

ニュースジャパンの報道で伝えたカレー毒物混入事件について

「そこが違う、あそこが違う」

と言ってきた。

電話の最後に「食べ物送れや」と。

あんたのおかげで外に出れない。

という理屈だったようです。

「食べ物は送っていない」という

安藤アナ。

しかし、近づきすぎて、

危なかったな、と感じる安藤アナ。

被取材者に人より早く近づきすぎた。

ジャーナリストとして失格だった。

と振り返りました。

もう一つの

本庄保険金殺人事件 単独インタビュー

八木茂死刑囚について。

ここでも

単独インタビューに成功したのが

安藤優子アナ。

保険金の偽装詐欺で、

次々に死亡した事件。

この単独インタビューの裏では

ギリギリの駆け引きが。

高級バッグを出され

「バッグにここにサインして。」

と言われた。

安藤優子アナは

「絶対にできません」

というと

「じゃあインタビューもなしだな」と。

安藤優子アナは、バッグにサインしたそうです。

週刊誌に叩かれたそうです。

単独インタビューに関するエピソードでした。

今日のバイキング・ザ・ゴールデンでは、 河野景子さんが坂上忍に貴乃花との23年を語りました。 先ほどまで、理事になった時...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする