アンミカ先生のパリコレ学でコシノジュンコが最終レッスン!2月10日初耳学




2月10日のアンミカ先生のパリコレ学では、

世界的デザイナーのコシノジュンコさんが、最終レッスンを指導しました。

早速内容について確認していきましょう。

(3月3日追記)

アンミカ 先生からパリコレに推薦されたのは

小野寺南友さんでした!

小野寺さんが服に合わせてテンションを変える憑依体質であることが評価されました。

門田玲さんが最有力だと思っていたのですが、

門田さんは本人がカッコよくて服が見えて来なかったのが卒業の理由でした。

小野寺南友さんの写真はこちらです。


世界のトップモデルのみが出られるパリコレのモデルを目指す番組、アンミカ先生のパリコレ学

仮想パリコレオーディションを行いました。

それでは早速内容を確認していきましょう。

スポンサードリンク

1パリコレオーディションってどんなもの?

デザイナー役は、世界的デザイナーのコシノジュンコさんです。

現地では毎回数百人のモデルからオーディションを行います。

世界のコシノジュンコが全面協力するオーディションは

仮想ではありますが、学院生に、合格・不合格を伝えていきます。

パリコレオーディションの

厳しいオーディションを勝ち抜くためには、

ノウハウテクニックが不可欠。

世界のコシノジュンコさんがオーディションの時に見るのは

モデルのウォーキングと、順応性だそうです。

もう一人の協力者は世界的ヘアアーティストリョージ・イマイズミ

デザイナーとは違った視点でオーディションを見ていきます。

スポンサードリンク

2世羅さんのオーディションとアドバイスは?

勝負のオーディション一人目は、世羅真弓さんです。

まずはコンポジを名刺がわりの写真として提出し、

これまでモデルを務めた写真が入ったブックも提出します。

コシノジュンコさんが「ウォーキングと決めポーズして」と指示します。

世羅さんがウォーキングしています。

ウォーキング後に世羅さんが「はい」と言うと

「自分からはいと言うことはない」とアンミカ先生から

叱られました。

コシノジュンコさんから「ターンして」と言われてターンする世羅さん。

コシノジュンコから「転びそうね」と言われました。

アンミカ先生から「不合格です」と結果を言われました。

ここからは、世羅さんへのアドバイスです。

コシノジュンコさんから「ターンは急ぐことない。

あと目に力がない。目線がバチッと決まっていればいいけど

フラーっとしているとカメラマンは撮らない」とはっきり言われました。

リョージ「コンポジが勿体無い。顔が見えない」

アンミカ先生「勿体無いと言うのは不合格です。

勿体無いといって合格する人はいません」

こうして世羅さんの仮想オーディションが終了しました。

オーディションの時間は40秒。

しかも10回以上受けることあるのです。

スポンサードリンク

3月山京香さんのオーディションと評価は?

2人目は、月山京香さん。扉を閉めずに入ってきました。

リョージ・イマイズミさんは、「いろいろできる顔していますね」

特技は?ダンスをすることです。

踊りました。

アンミカ先生「月山さんは、合格です」

ウォーキングは課題があるんですが、

待ち時間に一人だけ、椅子の背に当てずに、可愛らしく座っていました。

リョージ・イマイズミさんからは

待っている間にこの人の歩きを見てみたいと思わせた

ブックを作り慣れていない。

なんでも仕事したからと写真を入れるとごちゃごちゃになっちゃう。

「なんでもできますよ」は個性が消えてしまう。」

泣いて喜ぶ月山さんに対し、

アンミカ先生は

「何個かのオーディションを受けて泣く癖をつけちゃうと

うまくいかなかった時に切り替えられない。」と。

リョージ・イマイズミさんは

「自分の芯ってなんなのか

自分のコアってなんなのかって

わかった時に強くなると思う」

とアドバイスしました。

中島彩香さんや他の学院生の合格・不合格が気になる場合は次のページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする