あじゃが令和で荒稼ぎ!ガングロギャル【有吉反省会】




あじゃ(あぢゃ)が令和で荒稼ぎ!

ガングロギャルのあぢゃが

有吉反省会に出演しています。

平成11年にガングロギャルとして

一躍有名になったあぢゃさんは、

平成から令和への変化で7番組に呼ばれ

荒稼ぎしています。

スポンサードリンク

あぢゃがガングロを復活した理由は?

ガングロギャルを卒業してから

綺麗系に進化していた

あぢゃ様ですが、

令和に入って

35歳にしてガングロを

復活しました。

令和になる時に

ガングロ代表、平成代表として

番組に呼ばれたあぢゃ様。

これは儲かる!と

思ってガングロを復活しました。

キャラクタービジネスを

初めて、儲かりました。

カンボジア人の元彼から

「ミタヨ」と連絡きた

そうです。

スポンサードリンク

有吉のガングロあぢゃへの評価は?

有吉が「可愛い」

というと

あじゃは「お目が高い!

オメガ!」

と言いました。

有吉は「同じギャルでも

みちょぱは全然」と

言います。

有吉「儲かった具合は?」

とズバッと聞きました。

あぢゃは「ぶっちゃけ、

中古車2台分くらい」

有吉「ピンとこない」

1例ですが

トヨタのプリウスの中古車が

144.7~238.1万円と紹介されていました。

1台約200万円を2台分としたら

400万円は稼いでいますね。

ゆく年くる年の時に

共演した指原さんは

「あの時は綺麗系だったのに

変貌を遂げた」

と驚いています。

有吉「幾つになったの?

35才?」

あじゃ「言うなよ!」

ガングロギャルを卒業後は、

タレントもやったが

銀座のホステスで開花したあじゃ様。

スポンサードリンク

あぢゃがガングロギャルをやめたきっかけは?

平成時代に、あぢゃは

なぜガングロギャルを

やめたのか?

きっかけについて

話してくれました。

運命の出会いがあったと言う

あじゃ。

困っているおじいちゃんを

助けた。

人生初のオーディションの日。

会場に行ったらおじいちゃんが

座っていた。

深作 欣二監督だった。

あぢゃは「この作品に受かりたくて

ずっとやってきました。」

と言うと

深作 欣二監督から

「嘘つくんじゃねーよ!」

と言われたのに

結局のところ合格しました。

バトルロワイヤルの

オーディションだったそうです。

まとめ

あぢゃは、平成から令和になる時に

7番組に呼ばれて、儲かると気づいた。

そしてガングロギャルを復活した。

当時ガングロギャルをやめたのは

オーディションを受けるためだった。

銀座でホステスもしているという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする