松井常松が変わりすぎ?元BOOWYが布袋寅泰のアルバムに参戦!氷室京介は?




5月6日、元BOOWYのベーシストである

松井常松さんが、4月29日に

発売された布袋寅泰さんの「ギタリズム6」

に参戦していたことが明らかになりました。

動画はこちらです。

曲は「Thanks a Lot」

そして、この松井常松さんを見て

ネットの意見はこちら


このように松井常松さんの見た目に注目する

コメントがありました。

そこで、BOOWY当時の松井常松さんは

どんな見た目だったのか、

当時の写真を探してみました。

こちらです!

当時に比べて貫禄がついている

松井常松さんですが、

音楽は変わらずかっこいいのが

嬉しいですね。

コメントの中で、気になったのが

不動のダウンピッキング

です。

ダウンピッキングとは、

腕が上から下へ行く時「だけ」ピックという

道具を弦に当てる奏法だそうです。

なんと腕が下から上へ行く時には

ピックを弦に当てないというのです。

この奏法を行うと

疾走感が出るのだそうです。

一方、元BOOWYの氷室京介さんの姿がないことに

気づいた方もいたようです。

氷室京介さんは2014年に耳の不調を理由に

すでに引退されています。

BOOWYの再結成は事実上不可能に

なっているんですね。

布袋寅泰さんが元気なうちに、

様々なコラボを見せてくれると

いいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする