コネクティッドカーが未来のクルマ社会に役立つ?有働アナがスッキリ!




テレビ初公開 コネクティッドカーの

オペレーター現場を有働アナが

訪問します。

未来のクルマ社会では、

日本中の車の映像が、収集されています。

車や人だけでなく、路上に置かれたコーンまで

認識します。

車線それぞれの混み具合を分析。

現在各社が進めている自動運転でも

この分析が役に立つと言います。

コネクティッドカーの情報が

自動運転の車に役に立ちます。

なごおやにて

「ひつまぶしのある店を探して」

「駐車場のある店にしてくれ」

コネクティッドカーのAIは

目的地移動位n特化しているので

効率よく学習できています。

とはいえまだまだ対応できない

こともあります。

その時は、オペレーターに

繋げて対応します。

有働さんが「桜を見たいんですけど」

とオペレーターに言います。

岐阜高山市のエドヒカンが4月28日に

満開だと説明してくれました。

オペレーターが目的地を案内してくれると

ナビは自動で入るので、

自分でナビを入れる必要がありません。

有働アナがコネクティッドカーの

オペレーターが働く現場を訪れます。

365日フル稼働のオペレーター。

寄せられる要望に応えていきます。

AIの学習に役立っています。

未来・・・

人とクルマは一歩進んだ社会へ

変わっていきます。

トヨタ副社長は

「運転者が元気がないなと思えば、

今日何かあったんですか?と

話しかける。

気分の良くなるような音楽を

かけましょうか?と

提案する。

クルマは目的地が分かっているので

自宅に目的地を設定して

自動運転を始める。

と言ったことができるようになります。」

と未来のクルマについて

話しました。

犬山紙子さんは、

「褒めてくれるクルマが欲しい!」

と、生きててよかったと

思えるようなイケメン声の

クルマを欲しいと話しました。

技術の進化はすごいので

コネクティッドカーの活躍で

もっと便利にクルマを使える日も

そう遠くないかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする