デヴィ夫人が紀州のドンファン死後2ヶ月後に謎の封筒が【一番だけが知っている】




1番だけが知っている

デヴィ夫人の衝撃の告白です。

「スクープよこれ」

と話すデヴィ夫人。

証書を2枚と鍵を

見せてくれました。

スポンサードリンク

紀州のドンファンとの出会いは?

デヴィ夫人74才のとき、

紀州のドンファンの誕生日パーティで

出会いました。

紀州のドンファンが

僕と結婚してください

と言いました。

デヴィ「私はそんなの

取り合わない」

プロポーズは受けず

その後、デヴィ夫人と

紀州のドンファンは、

一緒に旅行に行きました。

その時は隣に若い女性がいました。

南紀白浜の温泉が出るところ

行きました。

野崎さんが死んだときに

デヴィ夫人は、

コメントを求められたが

そのときには言いませんでした

スポンサードリンク

デヴィ夫人が預かったものとは?

紀州のドンファンこと野崎さんの

死後2ヶ月がたったある日。

デヴィ夫人のもとに

野崎さんの関係者から

電話がきました。

「渡したいものがある」

と言います。

電話をしてきた人物が

実際に来ました。

関係者は

「自分が亡くなったら

デヴィ夫人に渡してほしい」

と言ったそうです。

それはある封筒でした。

デヴィ

「亡くなってから2か月経ちますが

何で今頃?」

関係者は「話が大きくなると

よくないと思って」

受け取ったデヴィ夫人は

封筒を開けて

「何これ!」

と驚きました。

CH248と書かれた

鍵が入っていました。

デヴィ「どこの

分からない」

この鍵の謎を解くため、

錠前技師に見てもらいます。

廃盤になっている

ディスクシリンダーの鍵です。

一般的な住宅の玄関の鍵です。

推測ではあるが

1戸建ての住宅の鍵の可能性が

高いと言う。

スポンサードリンク

封筒の中の不可解な紙とは?

封筒の中にもう一つ

不可解な紙が入っていた。

還付金残高確認証 金五千万円

と書かれていて、2枚あります。

裏には透し模様も入っています。

1兆円分の紙、これはなんなのか?

野崎さんはどんなメッセージを

込めて、この紙を送ったのか?

デヴィ「なんのために彼が

残したのか?お手紙があったと

思うんですけどね。」

衝撃の事実が発覚した!!

昭和50年代、巨額詐欺事件で

使われた証書に

似ている。

そもそも、還付金残高確認証書は存在しない。

架空の証書なのだ。

番組は今後も調査を続けていく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする