皇居にドローンの犯人や動機は?禁止されている飛行を機動隊が発見




令和元年5月2日午後8時ごろ、東京都千代田区の

皇居周辺でドローンのようなものが

飛んでいるのを警視庁機動隊員が発見しました。

皇居周辺のドローンの飛行は禁止されています。

ドローンの犯人は誰なのでしょうか?

現在のところ犯行を行なった者は

特定できていません。

犯人の情報や、どこから操作していたか、

動機などの情報が入り次第、追記していきます。

ドローンが目撃されたのは皇居だけではありません。

都内では同じ時間帯に武蔵陵墓地(八王子市)や

東京大(文京区)、半蔵門、港区赤坂や新宿区など

10カ所近くで飛行物体が赤と白の光を点滅させながら、

移動しているということです。

自宅のマンションで飛行物体を目撃した方のコメント

目撃したドローンの撮影を試みても

うまく写らなかったという方が、

他にもいるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする