コロット(謎のクレープ屋)に男性客が来る理由は?がっちりマンデー2月17日




2月17日(日)のがっちりマンデーは、

駅チカ・駅ナカでよく見るお店の大特集です!

今回登場する、謎のクレープ屋さんについてご紹介します。

スポンサードリンク

今回登場する謎のクレープ屋さんについて、

調べてみましたところ、コロットというクレープ屋さんでした。

コロットは、メトロ駅を中心に16店舗の常駐店があります。

加えて、2018年だけで33店舗の期間限定店を出しています。

スポンサードリンク

コロットオススメのクレープ

2月15日からのオススメはこちらのクレープだそうです。

あまおういちごクレープ(324円税込)

なぜコロットは男性客が多い?

クレープ屋さんというと、若い女性が行くお店というイメージがありますが、

コロットには男性客も多いようです。

何故なのでしょうか?

自分が時々行くクレープ屋を思い出してみますと、

ファッションモールやデパート街の出店をしており

なかなか男性一人で行きづらい場所にお店があります。

コロットは駅ナカの出店ですので、クレープ屋さんを見かけることがないために

食べる機会を逃していた男性にも、クレープが目に止まりやすいのでは

ないでしょうか。

加えて、コロットのクレープは1個172円〜(税込)と値段が安いだけに

小ぶりなサイズで、甘党の男性にとってはクレープを食べている姿を見られることなく、

手に収めて食べることができます。

また、甘いクレープをたくさん食べるのはキツイ!という、ちょっとだけ甘党の男性にも

コロットの小さなクレープなら食べやすいからではないでしょうか。

期間限定で、様々な駅に出店しているというのも

「たまにはクレープでも食べようか」と思ってもらえる工夫なのでしょうか?

2月17日(日)のがっちりマンデーでその秘密を知ることができるのを

期待しています!

2月23日追記

コロットのクレープの美味しさの秘密についてお伝えします。

コロットのクレープは、都内の工場で、一つ一つ手作りをしているんです。

小さくて美味しいクレープにするために薄い皮で包んでいるのですが、

機械でやると破れてしまうくらい薄いんだそう。

なので、人の手で丁寧に包んでいるのですね。

私も今度メトロを使うときに買って見たいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする