コモのパンの長持ちの秘密は?賞味期限が60日と長い秘密は?【がっちりマンデー】




今日3月3日のがっちりマンデーでは、

パンが長持ちするコモが登場しています。

コモのパンは35日から60日と賞味期限が長い!

通常のパンの20倍の美味しさ長持ち。

このロングライフパンの秘密について

会社を訪問し、案内してもらいました。

スポンサードリンク

コモのパンの長持ちの秘密は?

株式会社コモに案内されたがっちりマンデースタッフ。

物々しいお部屋がありました。

その秘密は、

パネトーネ種

イタリアのコモ湖にしかない菌だそうです。

パネトーネ菌は、パン生地を膨らませる菌です。

イースト菌よりも水がぐっと少なくて多い。

そのため、長期保存が可能!

保存料は一切使用していません。

こんなにすごいものなら、なぜ他の業者は使わないの?

パネトーネ菌の扱いはかなり面倒。

イースト菌が1時間に対し、

パネトーネ菌は発酵だけで10時間、熟成すると3日間かかる。

クロワッサン50万個が入る600平米の部屋を

用意している。

コモのパンはいくつもの層が折り重なっているパンに。

それでもっちり。

業界5位で55億の売り上げで、がっちり!!

コモのロングライフパンは

しっとりフワフワ。

スポンサードリンク

パンフォーユーは魔法の袋でがっちり

そして、もう一つ、便利が加わったのが

魔法の袋で冷凍パンを美味しく解凍できる

パンフォーユー。

1枚9円の袋と、大手の10倍です。

袋の秘密を教えてもらおうとしたスタッフでしたが、

「特許で・・・」と矢野社長は話し、

「これ以上は教えられません」ときっぱり。

森永さんのオススメは、

三立製菓。

カニパン。乾パン。源氏パイ。

この超定番を抱えている会社です。

次週は、儲かるまち。

北海道東川町「株」。

スポンサードリンク

今朝テレビをつけた時にはすでに番組が半分過ぎてしまっていました。

パンフォーユーは、地元のパン屋さんのパンを使って、

魔法の袋で販売しているというのが分かったのですが、

冷凍した後にどのように販売しているのか分からなかったので

調べてみました。

HPによりますと、

美味しいパンをオフィスに冷凍でお届け

とあります。

オフィスに冷凍庫を貸し出しして、そこに地域の美味しいパン屋さんの

パンを届けるビジネスのようです。

地域のパン屋さんには、大手のような冷凍庫がないので

魔法の袋を使って、風味や鮮度を逃さないようにしているんですね。

仕組みについては、特許の関係で秘密のようですが、

1枚9円とのこと。

ということは、職場で昼休みに、

買い出しに行かなくても、美味しいパンが食べられるってことなんですね!

羨ましいです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする