9年間喋らなかった激レアさん山下少年のきっかけや生態は?2月11日




今日2月11日の激レアさんは、これまでとちょっと変わった

かなりの激レアさんです。

なんと幼稚園から小学校卒業までの9年間

一言も喋らなかった激レアさんです。

速報でお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

1 9年間喋らなくなったきっかけは?

今日出演する激レアさんは、山下ケンジさんです。

まず、激レアさんが9年間喋らなくなったきっかけについて

触れていきましょう。どうぞ!

幼稚園入園。

山下少年は「知らん人ばっかりやないか」

と思い、嫌悪感を抱きました。

入園式当日

9年間喋らなくなったきっかけは

自己紹介タイム」です。

人生初の緊張と怒りを覚えます。

実は誕生日が4月3日ということで自己紹介の

先頭バッターに立たされてしまいます。

そして、山下少年はこの自己紹介タイムを

だんまりで通すことに決めました。

4歳の少年にはありがちなことですね。

しかし、山下少年は怒っていました。

強制居残りタイムが1日、2日と続き

なぜだと先生から言われるうちに、

喋らないキャラで突っ走ることに決めた山下少年

驚きの9年間が始まります。

スポンサードリンク

2 9年間喋らないことに決めた山下少年の生態は?

さあ、ここから山下少年と驚きの9年間。

絶対喋りたくない山下少年対学校の先生。

前代未聞の不思議ストーリーが始まります。

山下少年の生態

  1. 基本動作は頷きと首振り
  2. 伝えるときはジェスチャーと空気筆談
  3. 先生がマジで心配

そんな山下少年を心配した先生は、

「ケンちゃん、ケンちゃんの げんきなこえがききたいな」

とコメント。

卒園の時も「もっともっともっとおはなししたかったなあ」

と先生からメッセージがありました。

山下少年の「喋る」「喋らない」のルール

・家を出るまでは喋る

・家を出ると喋らない

事実を確かめるために、当時の山下さんを知る同級生に、インタビュー開始です!

スポンサードリンク

3山下さんの当時を知る同級生の証言は?

当時を知る同級生のイナダさんにインタビューです。

幼稚園、小学校、中学校、高校で一緒だった

イナダさん。

喋らない時代の山下さんについては、

「全く喋らないですね。

「うんとかハイとか全く。喋らんでも通じるものがある。

笑ったりもする。声に出しては笑わない。

コソコソといたずらしていた。喋らない子がいたずらするから

恐れられていた」と当時本当に喋らなかったことを証明しました。

かくれんぼで鬼になったらどうするのか?

「言わないで探し始める」

そんな風に、無言のまま、幼稚園を卒園した山下さん。

山下少年に対する周囲の理解もありました。

小学校に入学すると山下少年を喋らせようとする3人の先生がいました。

小学校1、2年生 激闘!放課後の根比べ。だんまりを発動する山下少年。

熱血レベル☆☆☆ あたりの優しいお母さんのような先生

「今日は先生とおしゃべりするまで帰さないわよ!」と言いました。

熱血先生も尋常じゃない覚悟で山下少年を待っています。

とった作戦は「泣く」声は出せないので、高倉健さんばりに男泣き。

強烈な吐き気 声を聞かれるくらいならここで吐く!

しかし「オエ〜」という声もサイレントのため、誰も気づかないという奇跡!

小学校低学年で、吐いたものをさっと自分で拭くという山下少年。

小学3年生 エンドレスすれ違い 「誰が山下少年を喋らすかレース」

学校1の深読み純情先生 ☆☆☆☆ 心理学を学んでいた先生

山下少年の絵を見た先生

「山下くんの絵は、いつも口が開いている。つまりみんなと話したいんだ」と意気込む。

山下少年は「違うのにな」とこころのすれ違い。

深読み先生からノートを渡されます。「思ってること、全部ぶつけてや!」

交換ノートに飽きてしまった山下くんは トンガ・ウリウリ・フィフタという主人公の小説を書き始めます。

先生「この小説を通じてみんなに何か伝えたいんや!

小説をプリントで配布。

勝手に発表された小説。ちょっと嬉しい山下少年。

この頃山下少年は勝手に物事を俯瞰で見る力がついていきました。

仏像みたいです。

スポンサードリンク

4年生 クラスで一番謎なやつ

当時は、ひょうきん族が人気。

他の少年と同じようにひょうきん族のモノマネをします。

しかし、無言です。

Mr.ビーン流の笑いです。

いじられると

1ニヤニヤする

2無の表情をする

3殴る!

とのこと。喧嘩の強い少年でした。

トクダさんによると山下少年は腕っプシが強かったので

プロレスを一緒にやっていたそうです。

高学年になった山下少年が気になる場合は次のページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする