鼻風邪は気づきにくい?治りづらい!副鼻腔炎や蓄膿症の前兆にも!




こんにちは!

季節の変わり目に風邪をひきがちなhonokaです。

鼻風邪は気づきにくい?治りづらい!

悪化すると副鼻腔炎や蓄膿症の前兆にも!

をお伝えします。

この時期、鼻風邪をひきがちな方の

お役に立てれば幸いです。

また医療面では専門家ではないので

あくまでも素人の感想として

参考にしていただき、

ご自身のケースについては

医師に相談していただくよう

お願いします。

今日は、先週

私が鼻風邪をひいた後に感じた

鼻風邪は気づきにくいことについて

お伝えしていきます。

まずは、私が、鼻風邪をひいたきっかけについて

ご紹介します。

スポンサードリンク

1鼻風邪は気づきにくい?

私は、先週、子供が風邪をひいたのを

うつされてしまったのか、

喉が痛くなっていました。

鏡の前で口を開けて見ると、

喉が赤くなっており、

膿が少しできていました。

そこで、喉が腫れているのを

収めようと、市販薬の葛根湯を

1週間飲んでいました。

飲んでる間も

喉は痛いのですが、それ以外に

自覚症状はありません。

1週間たって、喉の痛みは

治りました。

しかし、咳と痰が出るようになりました。

痰は、あおっぱなのような色です。

そして、ダルいです。

これは「しまった!」と思い

耳鼻科を受診する事にしました。

いざ耳鼻科に行って受診してみると、

急性副鼻腔炎であると言われました。

そして、薬を何種類も出されてしまいました。

薬を処方してくれた薬剤師さんに

「副鼻腔炎は、鼻風邪の悪化したもの。

さらに悪化すると蓄膿症になる」のだと

教えていただきました。

鼻風邪→副鼻腔炎→蓄膿症

の順で悪化するのですね。

しかし今回、鼻風邪になった

覚えがないのに、一気に

副鼻腔炎になってしまったので

鼻風邪は気づきにくい

時もあるのだと思いました。

どんな時に気づきにくいのかというと

鼻水が鼻から出ずに

喉を通っている時です。

外からの見た目では分かりませんし、

自覚なく飲み込んでいるので

気づかなかったです。

スポンサードリンク

2鼻風邪は治りづらい!副鼻腔炎や蓄膿症の前兆にも!

薬を処方されてから4日め、

鼻から出ずに喉を通っていた

鼻水が、鼻から出てくるようになりました。

医師からは

「鼻水が鼻から出てくるようになるけど

それは詰まっていた鼻水が出てくるから。

いい事だから」

と言われていたので、

鼻水が出るようになったのは

良かったと思いました。

しかし、鼻水だけでなく

頭がぼーっとしています。

これは、

「今薬をやめたら治らないのでは?」

と思い、再度耳鼻科の病院を受診してきました。

受診してみると、

さらに強い抗生物質を処方され

「1週間後には治ると思います」

と医者から言われました。

薬剤師さんからは

「鼻風邪は治りづらいですからね」

と言われました。

鼻風邪が治りづらいなら

急性副鼻腔炎は、もっと治りづらいですよね。

今回、急性副鼻腔炎が治りきらかなったことが

珍しいケースではないことを教えていただき

少し安心しました。

鼻風邪は、副鼻腔炎や蓄膿症の

前兆にもなります。

気づかないうちに進行していることも

あります。

なので、鼻水の自覚症状がなくても

喉が痛いなと思ったら、

早いうちに病院を受診することが大切だと

思いました。

まとめ

・鼻風邪をひきやすい方の役に立てるよう記事作成

・鼻風邪は気づきにくい時もある。鼻水が喉を通っている時は

気づきにくい。

・喉が痛い時にも副鼻腔炎の可能性がある。早めに受診

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする