自分を労う3つの方法で子育てに疲れたママの心をリフレッシュ




こんにちは、honokaです。

子育てに疲れたママの心をリフレッシュできる

自分を労う3つの方法をご紹介します。

それでは、早速確認していきましょう。

スポンサードリンク

1たった2分でママの心をリフレッシュする方法

子育てに疲れたママの心をリフレッシュできる

方法をご紹介します。

まずは、たった2分でできる方法です。

それは、ゆっくり深呼吸を5回することです。

吸って吐いて1回とカウントします。

子育てに追われて忙しくしていると

心に余裕がなくなっていきます。

そうすると呼吸も浅くなりがち。

さあ、ゆっくり吸ってみましょう。

はい、そして、ゆっくり吐いてみましょう。

2回目いきますよ。吸って、吐いて。

はい3回目。吸って、吐いて。

4回目、吸って、吐いてーー。

最後、ゆっくり吸ってーー、吐いてーー。

それから、何にも考えずに1分間

ぼーっとします。

ちょっと考えが浮かんで来ちゃっても

それはしょうがない。

だけどできるだけ、何も考えずに

ぼーっとしてみましょう。

始めます。

ボーーーーーーーーーーーーーっ。

20秒、30秒でやめたくなりますが、

さらに、30秒いきますよ。

ボーーーーーーーーーーーーーっ。

いかがでしょう?

少しだけ、リフレッシュできそうですか?

スポンサードリンク

2片手で頑張った自分を労う方法

片手で頑張った自分を労う方法。

これも簡単にできますよ。

自分で自分の頭をなでなでしてあげるんです。

松下幸之助さんも自分の頭を

撫でてねぎらっていたらしいですから

恥ずかしいことなんてありません。

試してみましょ。

いつも自分の子供の頭を撫でている時に

するような感覚で、ママである自分の頭を撫でてみます。

後頭部に手を当てて、前後、左右に手で頭をさするんです。

「○○ちゃん(自分の名前)頑張ったねーー」

と言いながら頭を撫でてみましょう。

結構いい気分になりませんか?

スポンサードリンク

3家族の手を借りて自分を労う方法

家族の手を借りて、自分を労う方法とは、

家族に頭を撫でてもらうことです。

普段、頭を撫でている子供に、

「ママの頭もなでてー」とお願いしてみましょう。

あるいはご主人でもいいですね。

子供のほうが、抵抗なく頭を撫でてくれるかも

しれません。

以上、自分を労う3つの方法で子育てに疲れたママの心をリフレッシュ

をお伝えしました。

春は、イベントが多くて、ママにとっては忙しい季節です。

頑張ることも多いからこそ自分を労う方法をいくつか持って

おきたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする