渡哲也は法要(裕次郎)に欠席でまき子夫人が代理コメントの内容は?舘ひろしも!




渡哲也が俳優を引退し、

石原軍団が解散する、

2015年急性心筋梗塞と診断され

現在肺気腫を患っていると

週刊誌で報じられました。

その真相について

石原裕次郎さんの妻まき子さんが

話してくれました。

今日7月17日の法要後、まき子さんから

今年77才になった渡哲也さんの

病状が語られました。

そして、代理で渡哲也さんの

コメントを読み上げました。

「こ石原裕次郎の仏式において

33回帰を迎えました。

毎年供養にきてくださる皆さんに

感謝申し上げます。

わたしも供養の節目に参加しなければならない身でありますが

現在療養中の身でありますので参加できまっせん。」

舘ひろしさんが電話したところによると、

渡さんは、元気そうです。

「ゴルフをしたい」と

語るほどに元気だと言います。

今後の法要について妻のまき子さんは

「毎年、墓ぎょうしてまいりましたが、

7月17日、というのが困難になりました。

皆さん年齢を重ねていらっしゃいますので、

山、というのが、大変苦しい思いをしておりますので

皆さん心配ですので、

この30年を区切りに、墓行は終了させていただきます」

神田正輝さんは

「三十三回忌までやれたというのは

皆さんのお力があったと思います。

これからも時間のあるときに

行きたいと思います。

これで終わりじゃないんですけれども、

ありがとうございました。」

元石原都知事は、息子の石原伸晃さんが

「杖をつけば歩けるんですけど

かっこつけなので」

と今回は参加できなかった経緯を話しました。

石原プロの今後については

まき子さんは

やめると申し上げていません。

とても小さなものになりました。

映画はとても無理です。

いつかチャンスがあればと思いますが、

自分の会社で映画を制作できる

状態ではないのが寂しく感じますね」

と話しました。

社長が不在の状況については、

席が埋まらないままです。

1963年に裕次郎さんが設立した

石原プロモーション。

実質的には渡哲也さんがリーダーとして

引き継いでいた。

毎年法要では、取材者へのお土産が渡されています。

今年は、

スポーツタオルと

宝酒造のお酒、

CD「プライベート」という石原裕次郎さんと渡哲也さんの

CDが入っていました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする