イチローが小学校の卒業文集で書いた当時の自分に伝えたいことを引退会見で語る




イチローが小学校の卒業文集で「一流の選手になります」と

書いた当時の自分に伝えたいことを、引退会見で語ります。

速報でお伝えします。

スポンサードリンク

小学校の卒業文集で書いた当時の自分に伝えたいこと

小学校の卒業文集で「一流の選手になります」と書いた

当時の自分に伝えたいことは、

「契約金1億も、もらえないよ」

と言いますね。

「一億を掲げていましたが、遠く及ばなかった。

ある意味で挫折でしたね。」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする