うつでも部署異動したい!目標を達成する4つのステップ




夢を諦めそうになったとき、
手だてが見つからないとき、
協力者があらわれないとき。

そんなときでも、自分の目指す方向に向かって

歩み続けることができる思考法があります。

私は、ひょんなことからうつ状態になりましたが、

自分に合う環境にうつり、元気を取り戻しました。

療養するだけでなく、身につけていた考え方を

使ったからこそ、回復し続けられたのだと思います。

目標に向かって進んでいるときに、

結果が見えないと焦りますよね。

そんなときでも、うまくいくことがイメージできていたら、

歩み続けることができると思いませんか。

この目標を達成できる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

うつでも部署異動したい!目標を達成する4つのステップ

目標を達成する4つのステップを順にご紹介します。

ステップ1 目標を設定する

まずは目標を立てます。

自分が望んでいることを目標にしましょう。

自分が望んでいないことを目標にしても

達成してから苦しいので気をつけましょう。

例 職場を部署異動する

ステップ2

目標に立ちふさがる障害を書き出しましょう。

どんどん書き出して、出てこなくなるまでやります。

気が重くなりますが、ステップ3で解消します。

障害例 
1休職中で部署異動できない
2異動希望を伝えていない

ステップ3 中間目標を立てる

続いて1つ1つの障害に対して、
中間目標を立てます。

中間目標は、うまくいってる状態のことです。

「障害1 休職中で異動できない」に対しては
中間目標1 復職している状態

「障害2異動希望を伝えていない」に対しては
中間目標2 上司に異動したいと伝わっている

となります。

ステップ4 順番を決める

続いてのステップは、

中間目標の順番を決めていきます。

ポイントは、1番にできてる必要があることをまず見つけ、

その次にできてる必要があることを見つけます。

繰り返して目標に繋げます。

例 異動したいと伝わっている復職している部署異動する

以上が、目標を達成する4つのステップでした。

目の前にある困難に押し潰されそうになっても、

今自分が目標に向かって進んでいる中の

1ステップを歩んでることが理解できると、

また光が見えてきます。

全体像も、小さな1ステップも見える

このツールをぜひ使っていただきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする