甘い桃の見分け方は?果点があるかないか!【教えてもらう前と後】




今日の教えてもらう前と後では

甘い桃の見分け方を

紹介しています。

甘い桃の見分け方は、

皮に白い点々

多いもも!

果点(かてん)と言います。

これが多いと

甘くて美味しいんですん。

太陽を浴びて

ももに栄養が行き渡っていると

桃に果点が出てくるんです。

うぶ毛もあったほうが

いいんです!

フルーツを極めたシェフから

教えてもらいます。

買ってきたものを

食べる時、

勘違いするのは

すぐに冷蔵庫にしまってしまう事。

果肉を甘くする追熟が止まってしまいます。

逆に冷やさず、常温で保存する。

食べる15分まえに氷水で

冷やすと美味しくなります!!

桃を食べるときに多くの

人が間違える切り方を

しています。

どんな切り方なのでしょうか?

先に皮を向くと

痛みます。

タネ部分を

避けて切り落とすのも

損な切り方です。

かかと落としのように

タネを起点にアボカドの

ように切って割ります。

タネをくりぬけるので

タネの周りを

無駄にすることがありません。

そして最後に皮を剥くと

痛みにくく切りやすいです。

続いて食べ頃のスイカの見分け方は

叩いて高い音がするスイカです。

水分量が多いんです。

熟して美味しいメロンの見分け方は?

実際に食べ比べると、

味が全然違うと言います。

叩いて低い音がするメロンが

美味しいんです。

食べ頃メロンはスイカと

真逆なのです。

メロンは熟すと身が柔らかく

なるのです。

同じ値段のメロンでも

味が全然違う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする