サンド優樹菜がご長寿のお悩みを解決!モニタリング




人間観察モニタイング 超豪華SP

では、サンド優樹菜が後藤寿のお悩みを解決

していきます。

速報でお伝えしてきますね!

まずはご長寿の女性たちが

お花が好きな男性と出会いたい!と

いうお悩みに答えていきます。

サンドイッチマンと

木下優樹菜さんが

実際に女性に会いに行ってみると、

道路のお花の水やりをしてくれる

男手が欲しいという

お悩みなのでした。

サンドイッチマンと優樹菜が

「やりますよ!」

と言って手伝っていきます。

水道が1箇所しかないので100kg近い

水を衣装ケースに入れて

台車で運んでいきます。

サンドの伊達さんは「重いよ」

と言いながら運んでいきます。

これはなかなか重労働です。

水やりをやって終わりました。

続いてのお悩みは

80才代の女性。

「壊れたスノコを修理してペンキを塗ってほしい」

というお悩みです。

サンドイッチマンの

2人がスノコにペンキで

塗っていきます。

優樹菜はおばあちゃんと

デザートを食べて楽しんでいました。

完成したスノコをみて

「すごい幸せ!」とおばあちゃん。

最後のお悩みは

「妻に言いたいことが言えない」という75才の

お悩みです。

お店MUSASIYA(むさしや)の鈴木さんです。

奥様の前では胸のうちを語れないので

家の中で聞きます。

結婚40周年です。

かかあ殿下でものを言えない

んだそうです。

何が言えないのでしょうか?

「ウイスキーを前に出していい?」

と奥さんに言えない旦那さん。

優樹菜は「旦那の何これ?っていう

ビンテージものはどんどん奥の方にやっています」

と言います。

サンドイッチマンの伊達さんは

「僕らはご主人の味方ですから。」

サンド優樹菜が見守る中で

ご主人が言いたいことを言えるように

なりたいそうです。

ウイスキーの前に奥さんの小物が

飾られています。

サンドからは「何をどうしたいのか」

「旦那様の希望を」と促されますが

なかなか言えません。

ご主人「ウイスキーを目立つところに

飾りたい」

奥様「どうぞ。」

かなりアッサリ交渉成立。

ついに念願叶い、ウイスキーのボトルが

前におけました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする