靴擦れをかばったら捻挫になって通院!ぐきっとならないのに炎症




こんにちは、honokaです。

私は最近捻挫をしてしまいました。

きっかけは、新しい靴を購入して履いたこと。

新しいシルバーの靴はいつもと違った形状で

おしゃれです。

少し足に合わないなと思いましたが

気にせず歩くうちに、

靴擦れを起こしてしまいました。

1靴擦れをかばったら捻挫になって通院!

左足のかかとの靴擦れが痛かったので、

左足をかばって右足を主にして、

通勤で歩いたのと電車に乗った25分ほど、

歩いていました。

家に帰ると、右足がズキッと痛くなってました。

すぐに治るだろうと思いましたが

翌日になると右足をひきずるようになりました。

痛みを避けるためです。

左足の靴擦れは治りましたが、

右足の痛みは取れません。

そこで接骨院に行きました。

医師から「お風呂入った?」

と聞かれ「はい」と答えると、

「捻挫したらあっためない方がいい。

足だけじゃなくて全身あたためないように、

シャワーにすること」と言われました。

スポンサードリンク

2ぐきっとならないのに炎症

医師は、ぐきっとならないのに炎症

することもあると教えてくれました。

回数を重ねて負担をかけることで

捻挫になることがあると

教えてくれました。

そして、足首を少し固定するため、

テーピングをしてくれました。

このテーピングはかぶれてしまう人も

いるようですが、私は翌日剥がしたら

かぶれていませんでした。

今回の経験で、

新しい靴を買うときは

足に合う靴を買おう

あらためて思いました。

おしゃれを目指していても健康に

勝るものはなし!です。

接骨院には若い男性スタッフがいて

爽やかにアドバイスをしてくれます。

なんでも

「大型ショッピングモールの

登山用の靴を注文で作ってもらうと

足に合うものができて良い」

とのこと。

登山用の靴などチェックしたことが

なかったので、目から鱗でした。

まずは家の中で一番しっかりした

靴を履こうと思い、

スニーカーを履いています。

先生からもスニーカーを

履くように言われました。

特に高いヒールでもないのに

靴擦れを庇って歩いただけで

捻挫してしまうとは

驚きでした。

「急いで動かずゆっくりするように」

という天の声かなと思い、

せかせかしないでのんびり構えていきたいと

思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする