ジャニー喜多川へ岡田准一追悼の言葉は?V6の悲しみの言葉が気になる




7月7日に亡くなった

ジャニー喜多川へ岡田准一さんの追悼の言葉は?

V6の悲しみの言葉が気になります。

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川さん

(本名・喜多川擴=きたがわ・ひろむ=)

が7月9日午後4時47分に亡くなりました。

死因は解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂に

よるくも膜下出血でした。

都内病院で亡くなったことが、ジャニーズ事務所

から発表されました。

享年87歳でした。

先月18日に都内の病院に救急搬送されました。

搬送時にジャニーさんに意識はなく、その後の

懸命な治療も実らなかったのです。

スポンサードリンク

1ジャニー喜多川へ岡田准一追悼の言葉は?V6の悲しみの言葉

現在のところ、岡田准一さんからの

ジャニー喜多川さんに向けた追悼の

言葉は発表されていません。

岡田准一さんは、

シングルマザーのもとで育ち、

ジャニーズのアイドルから

俳優として大きく育ち、

ジャニー喜多川さんには

並並ならぬ思いを抱いて

いると思います。

ジャニーさんに向けて

今、岡田准一さんは

何を思っているのでしょうか?

岡田准一さんだけでなく、

森田剛さん、三宅健さん、

坂本昌之さん、井ノ原快彦さん

長野さんV6のメンバーの悲しみの

言葉が気になります。

スポンサードリンク

音楽の日2019(7/13)に坂本昌行から追悼の言葉は?

『音楽の日 2019』で、出演ジャニーズグループ13組

が揃って追悼し、坂本昌行さんが代表で挨拶しました。

コメント

テレビをご覧の皆さま、関係者の皆さま、本当に色々とご心配をおかけしました。今日はこういったメンバーの最年長としまして僕がこうして代表として一言ご挨拶させていただきます。

僕たちはジャニーさんからたくさんのことを学び、教わってきました。エンターテインメントはもちろんのこと、人としての生き方も教わってきました。

ジャニーさんはいつも僕らのそばにいて、見守ってくれて、支えてくれました。ときには厳しい言葉もたくさん頂きました。ジャニーさんは僕らにとって大事な大事な父でした。

そんなジャニーさんは天国に旅立っていきました。

これから僕らはジャニーさんの意志をしっかりと引き継ぎ、エンターテインメントに力を注ぎ、たくさんの笑顔を皆さんにお届けしていきたいと思っております。

ジャニーズのタレントを応援してくださっているファンの皆さま、そして関係者の皆さまに、亡きジャニー喜多川に代わりまして心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

スポンサードリンク

デビュー当時、ジャニーさんからかけられた言葉は?

岡田准一さんは、14歳で、ジュニア経験も無く

V6のメンバーになり、デビューしました。

当時は「YOUだけレベルが足りないから」

ジャニー喜多川氏からしかられ続けていた

とサワコの朝で明かしていました。

岡田さんのデビュー当時のことを嵐の大野さんは、

VS嵐で話していました。

大野「ジャニーさんが「YOU、バレーできる?」と

聞くので「できない」と答えると、

隣にいた岡田(後輩なので呼び捨て)に、

「YOU、バレーできる?」と聞いて

岡田が「できる」というと

「YOU、V6に入っちゃいなよ」と

言った」

と明かしていました。

とくダネ!で紹介されてたのですが

V6はバレーボールができる

6人という意味だったのだそうです。

こうしたグループ名

ジャニーさんがつけていました。

私は、中学生の頃から

V6が大好きで、

「愛なんだ」とか

「ミュージックフォーザピーポー」

など、ミュージックステーション

を一生懸命見てました。

口パクなのか?それとも

本当に歌っているのか?

などチェックしていたのが

懐かしいです。

そうした音楽番組でジャニーズの

メンバーを見る楽しみが

今の若者にもあるのは

ジャニーさんがいてプロデュースして

くださったおかげだと思います。

ジャニーズJr.の頃から

お世話になっている

岡田准一さんは、

今、何を想っているのでしょう。

また、発表された際には

いち早く情報を追記していきたいと

思います。

今後のジャニーズ事務所が

うまく運営されて、令和に

ふさわしい素晴らしい

ジャニーズになっていくことを

願っています。

ジャニー喜多川への嵐の追悼コメントは?全文公開7月10日

キムタクのジャニー喜多川追悼はなぜウェイボー?日本のSNSにしない理由は?

ジャニー喜多川は礼儀を大事にする謙虚な人!社長でも車を運転?【とくダネ!】

ジャニーさんが本当に死んだ!葬儀は?喪主は誰?後継者も!死亡説後の矢先に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする