大木亜希子が林修に手紙を2通送った!行動力がすごい?【初耳学】




初耳学では林修先生が、

3分ノーカットで授業をします。

アイドルをやめた方々が

どんなセカンドキャリアを

送っているのかを

生々しく語っている本です。

著者の大木亜希子さんは

アイドルだった当時のことを

こう振り返っています。

「これで私は紅白出場歌手、

念仏のように唱えてみたが

実感がわかない。

なぜなら私はテレビ画面に

写っていなかった」

と言います。

「アイドルの中での競争は

どんなことがあった?」

大木「握手。」

「自尊心が、なんども崩壊するんですよ」

林「足の引っ張り合いは?」

大木「あることはありました。

品のいい悪口で成り立っています」

と話しました。

中島健人さんは

「明星で、一位をとると、

ほぼデビュー確定ってあるんですよ。

取った年にデビューだったんで

ラッキーでしたね」

と振り返りました。

林先生は「アイドル、やめました。」

を3回読みました。

「まず読んで、文章うまいなと

思いました。序文。

かつてアイドルとして活動していた

うまく行かないと思った。

自分が出ていた紅白歌合戦を

実家に帰ってみていたと

いうのは貴重な経験ですね。

彼女のように思い切って

セカンドキャリアを

歩んでいる人がいる。

そんな彼女のような八人を

選んで丹念に調べている。

菅 なな子さんは

難関国立大学を入学し、

大手の広告代理店に

入社しました。

そんなセカンドキャリアを

歩んだ人の人生が

8人ぶん、書かれている。

「彼女文章うまいねとメールした

2日後、手紙が僕の元に

届いたんです」

2通目はこのインタビューの

2日後に届きました。

この行動力をみたときに、

大木さんは人の気持ちを

ギュっと掴んで、やっていく

だろうなと思いましたね。」

林さんは大木さんの行動力に

深い感銘を受けたのです。

大木亜希子が林修に手紙を2通送った!行動力がすごい?【初耳学】

西川梨緒奈(りおな)の写真とプロフィールは?【吉川美代子先生の女子アナ学】

黒木ユウをザックが絶賛!なのに脱退?評価されていない?【パリコレ学2】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする