佐々木朗希がツーランホームラン!大船渡高が延長12回でベスト8進出




7月21日、

第101回全国高校野球選手権

岩手大会で4回戦がありました。

高校史上最速となる163キロを

マークした佐々木朗希(ろうき)(3年)

のいる大船渡が盛岡四を延長十二回、

4―2で破り、

ベスト8に進出しました。

佐々木が12回に決勝の

2ランホームランを打ちました。

佐々木投手は、投げては21三振を

奪って完投し、最速160キロを計測した。

岩手県では、大谷翔平選手が高校野球で160キロ台を

マークして、またまた怪物が登場しましたね。

193cmの大谷翔平選手に対し、

佐々木朗希選手は、189cmと大谷選手には

及ばないものの高身長です。

2001年11月3日生まれの高校3年生。

どんどん勝ち上がって頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする