田村亮の顔色がヤバイ?うつむく様子が悲壮感漂う会見7月20日




7月20日の謝罪会見では、

宮迫博之さんと

ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが

謝罪とともに、吉本興業への不信感を

話しました。

田村亮の顔色がヤバイ?

うつむく様子が悲壮感漂う会見

についてお伝えします。

スポンサードリンク

1田村亮の会見の内容は?

宮迫博之さんと一緒に会見をした

田村亮さん。

その内容は、

  • 謝りたい
  • 会社に「静観」と言われて会見を止められたのが不信感だった
  • 反社会的勢力とのつながりはない
  • 相方淳は「相談して欲しかった」「正直なことを言うのを応援する」「解散と思ってない」

田村亮さんは会見で水色のハンカチで

涙をぬぐいながら

「ファミリーなら僕は子供です。

子供が謝るのを止めるのが親なら、

不信感しかないです」

と話しました。

話しているうちに涙が、

ツツーっと流れていました。

田村亮の顔色がヤバイと

思いました。

うつむく様子が悲壮感漂うとともに

あまりにもげっそりしていました。

田村亮さんは、もともとそんなに

悪いことをしそうなタイプでは

ないイメージがあります。

今回してしまったのは、悪いことだったと

思います。

サタデーステーションでは、

謝罪会見の場に行った記者は、

「あまりにも痩せていらっしゃった」

と話しました。

この会見を受けて、松本人志さんが、

とツイート。

今後の動きに注目です。

スポンサードリンク

会見までの経緯は?

6月7日(金)フライデーの営業記事

6月24日 「会見をしたいと申し出る」と吉本興業から静観と言われる。

7月8日 「会見をさせてもらえないのでは?」と思い弁護士をつける

おととい 2人の引退会見か2人の契約解除かを選ぶように書面が届く。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする