適応障害になり薬(イフェクサー)を飲み始めてからやめるまで




こんにちは、honokaです。

今回は私が適応障害になり

薬(イフェクサー)を飲み始めてから

やめるまでの1年間について

お伝えします!

薬(イフェクサー)を飲み始めたばかりで不安な方や

やめるのが不安な方に少しでも

お役に立てれば嬉しいです。

結婚して子供がいる中、

フルタイムで働いていた私ですが、

独身女性上司からの嫉妬に満ちた

パワハラを受け始めたのが去年の4月でした。

横の席から常に見張っていて、

「話し方がおかしい」

「しぐさが気持ち悪い」

と人格否定をした上で、

常に仕事のダメ出しをしていました。

そのダメ出しの内容が

根拠のないダメ出しであることも

しばしば。

上司は、30代の頃

土日も残業代をつけずに働いていたらしく、

休日にサービス残業をしないことで

責められることもありました。

2人きりの時に

仕事の相談をすると

「嫌い!近づかないで!!

血圧が上がっちゃう!」

と言われたところから適応障害になりました。

スポンサードリンク

1適応障害になり薬(イフェクサー)を飲み始める

パワハラ上司からの攻撃は

数日休暇を取っただけでは治らず、

スプーン一杯の塩を

舐めても味がしなくて

いよいよヤバイと思って

心療内科を受診しました。

すると適応障害と診断されました。

その時は、人と顔を合わせて話すのが

怖かったので、医者と話すのも怖かったです。

薬(イフェクサー)を最初に処方された時は

37.5mgから始めました。

医者からは薬に慣れるために飲むと説明され

増量することを前提で37.5mgの

カプセル錠の薬、イフェクサーを

飲み始めました。

次の受診時に、イフェクサーが75mg

を1カプセルに増量されました。

1ヶ月後の受診時に、さらに1カプセル

増量し75mgを2錠飲むことになりました。

胃薬も一緒に処方されていたのですが、

私の場合、2錠飲むと胃が痛くなることが

ありました。

薬を飲まないと、頭痛や吐き気などいろいろな症状が出る

ことがありました。

これは離脱症状と言われるようです。

スポンサードリンク

2薬(イフェクサー)をやめる

薬(イフェクサー)を飲み始めてから、

9ヶ月たち、パワハラ上司から逃れて

部署異動できました。

すると、薬を減らすことになりました。

念願の断薬に向けての減薬です。

1ヶ月間、37.5mgの1錠を徐々に減らしていく

ステップが医師から指示されました。

最初の2週間は、1錠ずつ飲み、

次の1週間は2日に一度1錠飲み、

最後の1週間は何も飲まないようにして

1ヶ月後に受診ということになりました。

2週目に胃腸炎になり、減薬が思うように

進まず、最後の1週間も2〜3日に一度

薬(イフェクサー)を飲んでいました。

1ヶ月たって受診した時に

「まだ薬を飲んでいる」と医師に

伝えると、「もう飲まなくていい」

と医者に言われました。

恐る恐るながらも

一切飲むのをやめました。

すると、最初の1日はよかったのですが、

断薬して2日め、3日目になると

軽い吐き気や頭の中で雑音がするような

不快な音と頭痛が朝と夕方に起こりました。

しかし、倒れるほどではなかったので

とにかく力んだり焦ったりせず、

力を抜いてリラックスを心がけて過ごし、

薬(イフェクサー)は飲みませんでした。

完全断薬3日目に風邪を引いてしまい、

漢方薬を飲んでいました。

断薬5日目になると、だんだんスッキリしてきて

「薬(イフェクサー)の離脱症状が終わった」

と思いました。

気づけば飲み始めてから11ヶ月経っていました。

完全に断薬できてとても感慨深いです。

パワハラ上司の元から逃げられなければ

今も「薬(イフェクサー)2錠は飲んでいたと

思います。

長いことかかりましたが

「薬(イフェクサー)をやめることが

できました。

環境や病状によって飲む量や期間の長さは

違うと思いますが、

「薬(イフェクサー)を飲んでいる方は

焦らず、人と比べずゆっくりと

心身を整えて、回復していただきたいと

思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする