ポン酢しょうゆ馬路村の幻の赤キャップの秘密は?【坂上&指原のつぶれない店】




ポン酢しょうゆ馬路村の

幻の赤キャップの

バカ売れの秘密は?

坂上&指原のつぶれない店

で馬路村の農協に訪問します。

行くのはロバート馬場さんです。

木材の価格が下落して、街の収入が

減っていた時に、生み出したのが

ゆず産業の商品。

現在では年商30億円にまで

なりました。

スポンサードリンク

バカ売れの秘密は?

1つ目は冷凍しているゆず果汁。

特別にロバート馬場が

ゆず果汁を食べさせてもらいます。

すると、「すっぱー!!」

でも甘いです。

「しぼりたてみたい」

2ゆずをひと瓶に 個使用

しています。

鮮度をギリギリまで保つため、

果汁は直前に解凍して

使っています。

400lで4000ほんのポン酢を

作ると言います。

組合長

「赤キャップは、

ゆずがたくさん入ってる」

緑キャップ ゆず4個分

ゆずは ゆず8個分

赤キャップは1月に2日間のみ

製造すると言います。

3つ目の秘密は、

出汁(だし)です。

出汁の材料は利尻昆布。宗田節。鰹節。

赤のポン酢には出汁が

いっぱい入っています。

でも値段はあまり変わりません。

緑のポン酢

580円

赤のポン酢は

690円

です。

郷土料理を食べされてもらう

馬場さん。

ナスをあげたら、

たっぷりのポン酢を

かけて食べます。

馬路村の調味料は、

レア感を出したことで

人気が出ました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする