宇崎竜童の黒歴史は?HEY!HEY!HEY!【ダウンタウンなう】




今日のダウンタウンなうで

宇崎竜童さんの

黒歴史が明らかになります。

宇崎竜童さんは百恵さんが

引退して30年後に

山口百恵さん自身が

宇崎竜童さんに作曲して欲しいと

オファーしていたと聞いた。

山口百恵さんから

「横須賀ストーリーと4曲」

のオファーをしたのです。

竜童さんの中で

「3ヶ月に1曲作っていた。

ほとんど立ち会いました。

山口百恵さんは朝から連続ドラマやって

終わって、練習して

俺は教えたことない。

テープ入れて渡しただけ。

ほとんど間違いなく歌う。」

スポンサードリンク

阿木耀子との私生活は?

プレイバックPart2

書いているうちの阿木が切れた。

「馬鹿にしないでよ!」と

なって

詩を書いた。

一晩で書いた。

阿木耀子さんが作詞しているところを

宇崎竜童は

見たことがない。

鶴の恩返しみたいに

帰って行っちゃう気がする。

曲を聞いたらしが浮かぶ曲を書いて

と阿木耀子さんに言われるけど

なかなか書けない。

「なんか違う」

と言われてしまいます。

公私混同はないのでしょうか?

夫婦喧嘩はほとんどないと言います。

強面ですが。

食事について。

宇崎竜童

「納得いかなかった食事は一度もないね」

「味の好みは一緒なんだよ」

松本

「ちゃぶ台バーンは?」

宇崎「どうゆうイメージなんだよ!」

家事の分担がはっきりしている。

ゴミ出し、送り迎えは旦那さん。

分別ができるようになるまで

かなり奥様に怒られていた

宇崎さん。

スポンサードリンク

宇崎竜童の黒歴史は?

HEY!HEY!HEY!の時です。

篠原ともえさんとの

篠龍です。

つなぎをきてシノラーと

出た宇崎竜童さん。

「キャラだもん」という

可愛い曲を歌いました。

宇崎さんは

「誰が歌うの許したんだよ!」

と怒りのコメント。

黒歴史でした。

そして、

名曲「さよならの向こう側」

を宇崎竜童さんが歌います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする