ゴミ清掃芸人・滝沢秀一「恵方巻き」大量廃棄問題を語る【ワイドなショー】




今日のワイドなショーでは、恵方巻きが10億円越えの大量廃棄が

あった推定されることについて放送されています。

大量廃棄問題について、ゴミ清掃芸人・滝沢秀一が語りました。

スポンサードリンク

滝沢秀一さんはこのように語りました。

「企業としては、250億円が儲かるわけです。

儲けるために、10億円のゴミを捨てても仕方ないと判断された結果と。」

恵方巻きは、関西でやっているものをコンビニチェーンが全国展開しました。

滝沢秀一さんによると、

家庭でゴミを出す場合、自治体がゴミ処理が食べ物を燃やすために8000億円から1兆円かかるとのこと。

ゴミとして捨てるためには、多くの税金が使われています。

あまりに説明がしっかりしているので、芸人の肩書きをすてていると

松本や東野に言われる滝沢さん。

特技は

「可燃ゴミの中にがあるのが袋を持っただけで分かる」

ことだそうです。

時には、

スプレー缶をタオルでぐるぐる巻いて捨てるなど、

悪意のある行為をする人もいるそうです。

清掃員の方は、そういったものがないかどうかをしっかり判別する必要があります。

清掃員の命に関わることなので、絶対にやめてほしいですね。

清掃の仕事をしていて、テンションが上がるのはどんな時?

コーヒー豆があるとテンションが上がるそうです。

「いいアロマだな〜」と思うそうです。

生ゴミの匂いが緩和されるんですね。

松本人志が「我々が捨てるときにコーヒー豆を入れておくのが優しさですか?」

と聞くと滝沢秀一さんは「いいですね」と喜びました。

滝沢秀一さんは、明日も朝5時半に起きて、6時半から清掃の仕事に行くそうです。

ちなみに、清掃をしていて悲しくなるのは

「ずっと友達と書いてあるプリクラが捨てられていた」時に、儚さを感じるそうです。

スポンサードリンク

あなたは今年の恵方巻き、食べましたか?

私は食べませんでした。

子供の頃から食べていなかったのでなかなか習慣にならないです。

賞味期限の短い食べ物をブームにしようとすると廃棄の問題が出てくるので

もう少し賞味期限の長いもので一儲け仕掛けていただきたいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする