ゆたぽんではなくゆたぼん!中村逞珂は少年革命家の10歳!不登校のユーチューバー




ゆたぽんではなくゆたぼん!

中村逞珂(ゆたか)くんは少年革命家の10歳!

不登校のユーチューバー?

追記

不登校のユーチューバーゆたぼんが

6月6日は学校に行きました。

5月5日に琉球新報で話題になった

少年革命家の中村逞珂(ゆたか)くんは

10歳の不登校少年です。

スポンサードリンク

ゆたぽんではなくゆたぼん!

中村逞珂(ゆたか)くんは

ゆたぽんと誤解されることも

ありますが、ゆたぼんです。

周りの子供たちが

ロボットに見えて

不登校になったといいます。

この子はどんな子なのかな?

と調べようとして

ゆたぽんで検索しましたが

全然ヒットしませんでした。

調べていくうちに

ようやく気づきました。

名前を間違えていたんです。

ゆたぽんではなく

ゆたぼんでした。

名前間違いは私だけではなかったようです。

賛成意見

 教養は大事だが、画一的で一つしか無いような回答を求めて子供の価値観を潰すような試験や宿題を強要する学校システムは不要じゃないかな。ゆたぼんさんの動画見てないからなんとも言えないけど記事見る限りは出張がはっきりしてて素晴らしいとは思う(親に言わされてるならもちろん、問題外だが)

賛成意見 過去から知っているという方

 ゆたぼん、10歳になったのか。こいつが8歳位の時から何故か知ってる。仮想通貨の事を検索してたらコイツが出てきた。当時から沖縄移住が目標!みたいな事言ってたけど言ってたけど、無事沖縄行ったのね。まぁ親がちゃんと勉強教えてやってるなら不登校でもいいんじゃね?子は親を選べんしね。

否定意見

 普通の感覚なら親は何やっているんだとなりますがこの親はガキと一緒に講演だというから救いようがありません 親は自称心理カウンセラーとのことですがこんなガキ見せられて相談する気なんて失せますよ

スポンサードリンク

自発的に不登校になって、

活動をしていると聞くと、

中島芭旺くんを思い出しました。

自分で選んだ不登校という点からみると

中島芭旺くんと
中村逞珂(ゆたか)くんは

共通していますが、

それぞれ違いがあると思います。

学校という枠からは出た中村逞珂(ゆたか)くん

ですが、今度はYou Tubeの枠に収まっていく

生き方になるのかなと思いました。

私は小学校の頃の集団行動が嫌いでしたが

「いい子」で学校に通っていました。

それは自分の積極性や自主性を

削ぐ行動だったと今も感じています。

周りがロボットに見えたという

中村逞珂(ゆたか)くん。

きっと本当にロボットに見えて

しまったのでしょう。

同じ能力を持つ人間を

大量に生産することが有利に働く社会では

だんだんと無くなっていくと思います。

このような未成年のユーチューバーは

生まれるべくして生まれたと

感じます。

スポンサードリンク

ゆたぼんが学校に行った?

不登校のゆたぼんが

6月6日に学校に行ったことが

分かりました。

給食と、5時間目だけ

学校に行き、6時間目は

嫌になったから帰ってきました。

ゆたぼんは、

「学校に行く権利はあるけど

学校に行く義務はない」

と話しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする