キムタクのジャニー喜多川追悼はなぜウェイボー?日本のSNSにしない理由は?




ジャニーズ事務所の木村拓哉(46)さん

が7月9日深夜、中国版ツイッター

「ウェイボー」でジャニー喜多川さん(享年87)

が亡くなったことに対し、こう追悼しました。

中国語で

「ジャニーさんはずっと走り抜きました。

ゆっくりと休めることを願っています。

拓哉」

と投稿しました。

キムタクのジャニー喜多川さん追悼は

なぜウェイボーだったのでしょうか?

日本のSNSにしない理由は何なのでしょうか?

それは、自分自身の言葉で

一番に言える言葉が中国語だったのでは

ないでしょうか?

もしかしたら、ジャニーさんから

教わったエンターテイメントを

中国という地で、実現していこうと

いう思いがあるのかもしれない、

私はそう思いました。

スポンサードリンク

ジャニー喜多川へのキムタクの追悼コメントは?

そして、7月10日、

木村拓哉さんはジャニー喜多川さんへの

追悼コメントを発表しています。

今の自分があるのも、ジャニーさんとの出会いが無ければ……。と思うと感謝してもしきれません。常に現場に立ち続けた姿勢を手本にさせて頂きます。ゆっくりと、休んでください。

中国のウェイボーで語った言葉をより

詳しくした内容ですが、

言いたいことは同じようですね。

ジャニーズ引退後にお父様から

ジャニーさんが「第二の木村拓哉にします」

と言ってくれていたと知って、後悔したという高橋直気さん。

ジャニーさんから「第2の木村拓哉にします」って俺の親父が言われたっていうのを、辞めて数年してからその話を聞いて、その気持ちを裏切ってしまったっていう思い出が印象に残ってる

ずっと感謝してるかな


ジャニーさんの言葉に、

救われた人、後悔した人、頑張れた人、

様々な人が色々な思いを持って

今日も、ジャニーさんを偲んでいると思います。

現在Jr.で頑張っていて

これからデビューを目指している

少年たちは、今回のことで

不安になると思います。

ジャニーさんの教えを

引き継いだタッキーの指導のもと

活躍できるよう頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする