【僕はどこから】キャストや主題歌、あらすじとネタバレは?




2020年1月8日〜テレビ東京でドラマホリック!

「僕はどこから」が放送されます。

ドラマのタイトルやキャストが発表されて、

何だか面白そう!とすでに話題になっています。

原作漫画が評判!ってことで、ドラマにも期待が持てますね。

キャストが今人気のイケメン俳優!ということで

見なきゃ損!それでは年末のうちから「僕はどこから」の

キャストや主題歌、あらすじとネタバレを確認しておきましょ!

スポンサードリンク

【僕はどこから】キャストは?

主演は、テレビ東京初主演の中島裕翔(Hey!Say!JUMP)さん

共演は間宮祥太朗さんです。

唯一のヒロインとして上白石萌歌さんも登場します!

中島裕翔さん→竹内薫役

間宮祥太朗さん→藤原智美役

上白石萌歌さん→藤原千佳役

すでに発表されている出演者は3人ですが

これから他のゲストが発表されるかもしれません。

スポンサードリンク

【僕はどこから】主題歌は?

僕はどこからの主題歌は現在のところ発表されていません。

しかし、過去にHey!Say!JUMPのメンバーが出演したドラマでは

Hey!Say!JUMPの歌が主題歌となったことがあります。

「ウィークエンダー」は山田涼介さん・有岡大貴さんが出演した

日本テレビ系土曜ドラマ「金田一少年の事件簿N(neo)」主題歌でした。

「明日へのYELL」は中島裕翔さん・髙木雄也さんが出演した

フジテレビ系土ドラ「水球ヤンキース」の主題歌でした。

「マエヲムケ」は山田涼介さんが出演した

日本テレビ系土曜ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』の主題歌でした。

ということは、Hey!Say!JUMPの曲が「僕はどこから」の

主題歌になる可能性が十分ありそうですねっ!楽しみー!!

年末にかけて「僕はどこから」のドラマ情報を見逃さずにチェックしていきましょっ。

スポンサードリンク

【僕はどこから】あらすじは?

「僕はどこから」のあらすじは

月刊TVガイド1月号を参考に紹介します!

「僕はどこから」あらすじ

小説家志望の20歳、竹内薫中島裕翔さん)

“自分自身”を見つけられずに苦しんでいるが

その反面、ある特殊能力を持っている。

その特殊能力とは、他人の思考をコピーできる能力だった。

竹内薫は、アルツハイマーの母の介護をしながら、

アルバイトの給料で細々と暮らしていた。

ある日、母が大怪我をして高い入院費用を負担することになってしまう。

金銭面の負担があまりに大きく、絶望に暮れる竹内薫だった。

一方、藤原智美(間宮祥太朗さん)は中学校から竹内薫の知り合い。
最年少で組長となったエリートヤクザ。

主人公の竹内薫中島裕翔さん)は、同級生である

エリートヤクザの藤原智美(間宮祥太朗さん)

と再会し莫大な報酬を提示される。

藤原智美は、竹内薫に「異能」を使って欲しいと頼み込み・・・

ここから、運命の輪が回り始める!青春異能系クライムサスペンス!

スポンサードリンク

【僕はどこから】ネタバレは?

「僕はどこから」のネタバレとしては、

漫画のネタバレがありました!

いつも敬語な竹内薫は、痴呆症の母を介護しながら
小説家を目指してバイトしながら執筆中。

しかし、編集者に持ち込んでも
そのまんま他の作家のコピーのようで、
他人の頭で考えてるってカンジ」と
突き返されてしまいます。

自分自身がない竹内ですが、
バイト先の女子高生に数学の問題を聞かれると
スラスラと解いてしまいます。

これも小説と同じで、
竹内は「他人の頭で考える」ことが出来るのですね。

頭がいいのに大学に行かない竹内は
その理由を「ヤングケアラー」と
言っていますが・・・。

帰宅すると家はぐちゃぐちゃですが、
竹内は母を叱ることもなく
一緒に二人笑顔で夕ご飯を作ります。

一方、弱冠20歳でヤクザの組長となった
藤原智美という男。
若くしてのし上がった理由について
色々と噂されていますね。

そんな藤原は更に上の立場と思われる壮年の男性に
「なぜか誰もやりたがらない」大仕事を
任されます。

2つのぬいぐるみの頭をちぎって入れ替え
「こーゆーことだ」と言う男性。
この時点では詳しいことは不明ですね。

そんな中、ついうとうとしてしまった竹内。
目を離したスキに、母が階段から落ちて
怪我してしまいます!

数日の入院が必要になりますが、
認知症のせいで個室か退院かを迫られ
多額の費用が必要に・・・
「人気作家になれば・・・お金の問題なんて・・・!!」
と考えつつも

「“僕”ってモンは・・・
一体どこから来るのでしょうか・・・?」と焦る竹内。
そんな時、藤原が子分を連れて竹内の家へ。

いきなり襲うのかと思いきや、二人はガッチリ握手!
藤原は竹内の「他人の頭で考える能力」を見込んで
頼み事をしにきたのです。

中学時代の藤原は絵に描いたようなヤンキーでしたが
妹が遺書のような書き置きを残して失踪。
その協力をしたいと名乗り出たのが竹内でした。

不審に思いつつも竹内に任せると、
竹内は能力を使います。

昔から本好きだった竹内は、
書き写しながら読んでいる間に
文章が指紋のように人の意図を表すことに気が付き
文字上でその人になりきれるという力を持ったのでした。

「”思考”や”無意識”までも僕の中に入れて・・・
何を考え・・・どこへ行くのか・・・」
と考えた結果、妹の思考を先読み。

どこの駅のどこから身を投げるかを予想し、
線路に落ちようとする妹を線路内の下からキャッチ!
見ず知らずの妹を信じ助けてくれた竹内を
藤原は尊敬したのでした。

今回のシノギについて暗号が散りばめられたメールを
書き写して、「替え玉受験」と見抜く竹内。

報酬は4,000万、分け前はその半分。
お金が必要な竹内には魅力的ですが
犯罪に手を染めることにためらいます。

編集社では、コピーとして完璧すぎるため
ゴーストライターを持ちかけられます。
こちらはクレジットされ違法ではないものの
現在の状況を解決できるほどの金額ではありません・・・

そんな中、竹内は入院中の母から
「あなたは小説家になるのよ」と言われます。
迷った末に藤原と行動をともにすることになります。

二人は依頼人・井上の家を訪れます。

依頼というのは
この家の息子になりきって入試の小論文を書き
大学に合格させて欲しいというもの!

息子は小6の文集に回路図を書くような
個性的と言うかちょっと変な性格。

しかし、受験票を偽造する中で
その回路図をコピーして
「僕を否定しないで」というメッセージを知った竹内。

井上に打ち明けますが、利己的な母親は
自分の理想の大学に息子を入れることしか
考えていません・・・

でも、息子の方は理解してくれたお礼か
文集を渡してくれました。

さて、受験自体は上手く行ったものの、
竹内はその最中に異様な感情の高まりを感じて
胸騒ぎを覚えます。

駆けつけた竹内が観たのは
壺で殴られて死亡している井上の姿!!

第一発見者として身柄を拘束されるも
アリバイがあるとのことで安心、と思ったらそれは
“受験をしていた”というアリバイで・・・

殺人を否定すれば替え玉受験の犯人に、
替え玉受験を隠せば殺人犯になってしまいます!

母が息子を壺で殴ろうとしたのを止めた時に
指紋をつけてしまっていたことも相まって
進退窮まってしまいます。

竹内の身辺調査をする中で
藤原にも行き着いた警察は
藤原にも事情聴取を行いますが、藤原はしらを切ります。

マンションに帰った藤原を待っていたのは
情報屋の山田。

依頼主(=受験を変わった息子の父)は
経済産業省の高級官僚で、
替え玉受験が成功すればカジノ計画に組が
関わることができるという手はずだったようですね。

竹内を売れば良いと言われますが
藤原はそうせず、竹内のいる警察署へ。

「薫の家で・・・読書会・・・をな」と言い
舎弟には知られたくないから嘘をついた、と言います。

しかし、刑事は強引に認めさせようと
「藤原が、竹内が犯人と供述した」という
調書を作ります・・・が、
書き写した竹内は刑事の思惑から藤原が来ていることまで
読み取ります!

藤原と同じ供述をしてみせる竹内は
ピンチを乗り切ることができるのか・・・・!!

スポンサードリンク

【僕はどこから】藤田智美の妹千佳役は?

ネタバレの中でちらっと出てくる「僕はどこから」の

藤原智美の妹千佳役は、上白石萌歌さんです!

上白石萌歌さんが演じる千佳は、

間宮祥太朗さん演じる智美の二つ違いの妹。

智美に心酔しており、天真爛漫な明るさの中に、時折冷めた影が見え隠れする少女です。

強烈すぎる兄妹愛とエキセントリックで狂気を秘めたキャラクターを演じている

上白石萌歌さん。

どんどん変わるファッションにも注目ですね。

【僕はどこから】放送日時や原作は?

放送日時:2020年1月8日スタート!毎週(水)深夜0時12分~0時52分

原作:市川マサ
『僕はどこから』全4巻 ヤンマガKC(『A-BOUT!』『バカビリーバー』など)
※講談社「ヤングマガジン」にて2018年6月から11月まで掲載

まとめ

「僕はどこから」のキャスト

中島裕翔さん→小説家の竹内薫役、

間宮祥太朗さん→エリートヤクザの藤原智美役、

上白石萌歌さん→智美に心酔する妹の藤原千佳役

僕はどこからの主題歌は現在のところ発表されていませんが

Hey!Say!JUMPのメンバーが主演しているので、

Hey!Say!JUMPの曲が主題歌になる可能性はあります。

「僕はどこから」あらすじは小説家の竹内薫は

他人の思考をコピーできる能力を持っており

同級生のエリートヤクザ藤原智美と再会したことで運命の輪が

回り始めます!

「僕はどこから」ネタバレは、小説家の竹内薫がお金欲しさに

替え玉受験に加担してしまいます。そこには同級生のエリートヤクザの

甘い誘いがありました。

「僕はどこから」の

「僕はどこから」藤原智美の妹千佳役は、上白石萌歌さんで、

天真爛漫に見えながらもどこか影のある役です。

原作にはないオリジナルなキャラクターを好演します。

それではお正月明けのドラマスタートを楽しみにしましょっ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする