萩原健一さんの死因や死亡の詳細は?ショーケン波乱の人生!【ニュースZERO】




歌手、俳優として活躍していた、

萩原健一さんが火曜日に死去していたことが分かりました。

68歳でした。

ショーケンの愛称で親しまれる一方、数々の事件で

世間を賑わせていた萩原健一さん。

なくなったのは、今週火曜日午前10時半。

死因は、2011年よりGIST(消化管間質腫瘍)

です。

妻のりかさんによると

本人の希望で病気を公表していませんでした。

スポンサードドリンク
1967年テンプターズでデビュー

エメラルドの伝説など、次々とヒットを飛ばして人気になりました。

1975年の前略 おふくろ様では、

心優しい板前を演じました。

ソロシンガーとしても活躍し、

ライブを中心に精力的な活動を続けてきました。

1980年にはいしだあゆみさんと結婚。

その後、結婚離婚を繰り返した後

冨田リカさんと結婚しました。

レコード会社も切立。

デビュー50周年記念ツアーも行いました。

1983年には大麻の不法所持で逮捕。

1984年は、飲酒運転で再逮捕。

その後、オートバイと正面衝突の事故も起こしました。

冨田リカさんと結婚してからは

「ジェットコースターのような人生だったけど

これからは2人でメリーゴーランドのような

人生を歩みたい」

と語っていました。

ショーケンが2011年から発症していたGIST。

GISTは、希少ガンの一つです。

胃や腸の筋肉から出た悪性腫瘍です。

転移をするものです。

症状がないのが特徴です。

突然転移が見つかるのが悲しいところです。

潜んでいるところがGISTの怖いところです。

転移を繰り返すことによって

だんだん悪化していきます。

薬によって治ったり、その後戻ったり

したのではないかと考えられます。

悪性の場合10万人に1人程度が

かかると言われています。

悪性になっていないGISTを持っている方は

もっといると医師が話しました。

見つかった時点で2センチを超える場合は

早く手術した方が良いそうです。

スポンサードドリンク

体が急変して死亡された萩原健一さん。

医師によると、病気が進行していると

体が急変することもあるのだそうです。

波乱の人生を歩んだ萩原健一さん。

安らかにご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする