箱根駅伝7区の1位は東洋大か?東海大の順位は?2019




今日は、箱根駅伝の復路です。

現在7区をTVで中継しています。

状況を速報でお伝えしていきます。

9時35分

1位の東洋大を

2位東海大の阪口が追いかけています。

その差が縮まってきています。

東洋大 小笹は、明らかに苦しそうです。

後ろから30秒以上詰められているという

プレッシャーで、

腕の振りが硬くなってしまっています。

4年生小笹。

最後の箱根駅伝。

7区をトップで飾り、優勝を飾りたい。

解説によると

ここの小笹の頑張りで、後半差が開く可能性もあるそうなので

なんとか頑張って欲しいです。

3位は、青山学院大学と駒澤大学。

5位は、國學院大。

6位は、法政大。

7位は、帝京大。

9時47分

先頭の東洋大、苦しそうではありますが、

リズムはしっかりとっています。

後方には、東海大の姿があります。

1位との160m差になっています。

さて、3位争いに変化がありました。

青山学院の林が単独3位です。

6・7区で2分縮めよう、と監督が

いっていた。

監督は区間賞を取れ!と林に言っていました。

9時50分

逃げる東洋大学、追う東海大学。

差が130mに近づいてきました。

25秒くらいの差です。

2位の東海大阪口は、監督から1位東洋大が走りが苦しくなっていると、

伝えています。

監督から、これまで区間2位できているから、お前は区間賞を取れ!と

言葉がありました。

残り3kmの攻防が楽しみです。

スポンサードリンク

もう手元の時計で、1位と2位との差は20秒切っています。

7区での逆転はあるのでしょうか?

3位の青山学院の林は、トップと4分3秒差です。

前回区間賞をとった林。

林は、前回と同じようなペースで走っています。

中央学院、先ほど明治大に抜かれましたが、

再度抜き返し、10位になりました。

9時59分。

1位の東洋大。

残り700mです。

2位とは、もうわずかな差です。

並んで入るのでしょうか。

残り300mになりました。

東洋大学、今トップでたすきを

渡しました!!

トップと2位の差は、

わずか4秒です。

1位 東洋大、

2位 東海大学。

8区は、すでにぴったりとついています。

東海大学からの監督の指示もあり、しばらくこのまま

東洋大の後ろに東海大学がくっついて進むようです。

さぁ、3位の青山学院の林が入ってきました。

前回区間記録を出した林が今回はどこまで

東洋、東海と差を縮めることができるのでしょうか。

林のタイムは、1:02:18。

4位は、駒澤大学小島です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする