深田崇敬(水景演出家)の水草と魚が美しい!アクア優勝【アーシストCafe】




深田崇敬さんは、世界水草コンテスト2015年、2016年と2年連続で

優勝された水景演出家です。

水槽に水草と魚を入れて作る自然な美しい作品を作っておられます。

深田さんがどんな思いで作品を作っているのか、知っていきましょう。

興味のある方は、下の方にある動画もぜひご覧ください^^

10/15アーシストCafe

スポンサードリンク

深田崇敬さんがアクアリウム作品にこめた思い

深田崇敬さんは、ご自身の持つ自然への信仰心を、アクアリウム作品に込めて

作っていらっしゃるそうです。

実は、やり始めた当初はコンテストに出すつもりがなく、

個人で楽しもうという思いでアクアリウムを作っていらしたそうです。

2年連続世界水草コンテストで優勝された方が、個人で楽しむために

作品を作っていたというのは、意外な感じがしました。

深田さんが取り組んでいるのは、アクアリウムの中でも、

特にネイチャー(自然)アクアリウムです。

ネイチャーアクアリウムというのは、

魚と水草にフィーチャーしたものだそうです。

魚と水草が生きて生活している中で、

美しさを創り上げていくのは大変だけれども、

そこに面白さがあるのだと、深田さんはおっしゃいます。

生き物を作品にしていくのは、難しさとともに面白さがあるのですね。

こちらは、深田崇敬が所属されているえんホールディングスのCM作品です。

深田さんも作成に関わっている可能性が非常に高いですね。

思わず言葉を失う美しさです。

そして、深田崇敬さんへのインタビューはこちらです。
優勝する前と後で、水槽に対する関係性が変わったと話す深田さん。

個人で楽しむものから、他者が見て美しいと感じるものづくりに

変化していったということでしょうか。

熱い言葉の数々から、作品に対する熱い思いが伝わってきますね。

スポンサードリンク

今後は、コンテストで優勝を目指すよことよりも、

世の中にアクアリウムを広めていきたい、とおっしゃる

深田さん。

根っからのアーティストなのですね。

まだまだアクアリウムのすばらしさを知らない方も多いと思いますので、

今後もアクアリウムを広める活動を続けていただきたいですね。

浦野祐子(着物リメイク作家)店の場所は?バッグの値段も【アーシストCafe】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする