イモトアヤコのカレンダー写真は不採用?ロライマ登頂で泣いた!イッテQ




今日の世界の果てまでイッテQ !では、

イモトアヤコがロライマに行き、

カレンダー写真の撮影に行きました。

ロライマは、崖の絶壁です。

上級者向けの崖を登ることになり、

ボロボロと泣いていましたよ。

その様子を、速報でお届けします。

スポンサードリンク

イモトアヤコは、崖に登るのが怖くて泣いていました。

でも崖のことだけではなくて

風邪をひくことへの心配もありつつ、

新春の番組の取れ高の心配もありつつ、

脳裏に焼き付いて離れないのは、

「吉川晃司との下町ロケット」

だそうです。

ロケから戻った後に控えているのは、

5時から下町ロケットの撮影。

イモトと、吉川晃司さんとの撮影があるそうです。

イモトは、吉川晃司との撮影のことを

頭から追い払い、そして、

昨年引退した安室ちゃんのことを思い、

勇気を出して崖を登ることにしました。

ここでイモトの「安室ロス話」になりました。

イモトによると、

安室さんが引退されてからもしばらくは

「安室ロス」を感じなかったそうです。

しかし、年末に

ポールマッカートニーのライブに行って

「ポール、ポール!」ってみんな叫んでたのを見た瞬間。

自分は安室ちゃんに向けて「安室ちゃん!」と

叫ぶことができないんだと気づき、

喪失感があったそうです。

これがイモトが感じた「安室ロス」でした。

でも、iphoneをみて私の中に安室チャンはいると思った。

と話しました。

スタッフから、「ポールマッカートニーに失礼」

とたしなめられていました。

スポンサードリンク

結局、崖を登る姿は、あまりかっこよく撮れずに、

カレンダー写真としては不採用になってしまいました。

イモトの下町ロケットの姿、とてもいいですよね〜。

海外ロケとの両立は、さすがのイモトでも

涙がボロボロ出るくらい、きつかったんですね。

ロケ中の運勢占いでは、ダントツで2019年の運勢が良い

と言われたイモト。

今年も活躍を期待したいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする