太田三砂貴のIQ188の脳を徹底分析!吉田類も!【1番だけが知っている】




今日の1番だけが知っているでは、

太田三砂貴のIQ188の脳を徹底分析!

太田くんの脳は一体どうなっているのか?

中野信子先生が徹底分析します。

そして、吉田類のおすすめ居酒屋と

最高のおつまみも紹介します。

最後に、コロッケが敗北したモノマネは

誰のものまねか、お伝えします。

1太田三砂貴のIQ188の脳は?

中野信子先生が太田くんのを徹底分析しました。

脳をスキャンしてみると、

空間認知能力が非常に優れています。

地図を読むときに、回すか回さないか。

回さなくて地図を読める脳です。

空間認知能力が高い場所が非常に広い。

中野信子先生は、アインシュタインの脳と表現しました。

でも、太田くんは、地方大学を受験するそうです。

東大とかじゃないんですね。

なぜなら、暗記をするのはIQの高さとは

あまり関係がないからだとか。

私は空間認知能力が低いので、IQも低そうですw

太田くんは「自分の脳がこうなんだろうなと

思っていたけど、分析されると、興味深いです。」と。

福山雅治のようなセリフです。

そして、中野信子先生が非常に興味深い!

というので後日徹底解説していきます。

スポンサードリンク

2吉田類おすすめの居酒屋は

今、日本で、一番酒場を愛する男がいる。

吉田類。

酒場放浪紀の案内人である。

酒飲みたちの神様。

前回、酒好きのマニアたちから

聖地と呼ばれる、三松やに行った。

今回は、もし、この冬に、

人生最後ならいく店「冬編」

北海道札幌。

その店に行くためだけに吉田類は

北海道に行くのだそう。

最高のつまみとは?

吉田類と、一緒についてきたのは宮澤エマ。

あの政治家、宮澤喜一の孫です。

すすきのに来ました。

一本離れると場末感が出てきます。

雪の積もった細い路地を抜けると、ついに酒場が。

五醍(ごだい)

北海道札幌市中央区南7条西4丁目にあります。

一たび中を覗くと、すごく良い雰囲気。

昭和39創業の五醍。

昭和の懐かしい雰囲気と炉端焼きで新鮮な魚を焼いてくれる。

そして人気女将。

スポンサードリンク

3五醍の最高のつまみとは?

まずは、どびんの柄杓でついだ、ぬる燗で乾杯。

体温より2、3度高いお酒。

人生最後なら食べたいという1品は何なのだろうか?

まずは、北海道の男爵いもを食べる。

続いて、牡蠣の炉端焼き。一度干した牡蠣。

旨味と香りが最高の一品。

続いて、三平汁。鮭が入った汁です。

宮澤エマ「染みますね〜」

まだ最高のおつまみは出てきていません。

吉田類が選んだつまみとは、

キンキ

キンキは冬に備えてたくさん

餌を食べるので身が大きい。

だが、なぜこの店のキンキがいいのか?

囲炉裏があるからこそキンキが美味しい。

この炉には思いが詰まっている。

想いが旨味に変わるんだそうです。

55年前、今の女将の母が始めた五醍。

今の女将が店を手伝い始めた頃存続の危機になった。

煉瓦造りの炉は痛んでいた。

スポンサードリンク

店復活のために、シンボルとなる炉を作ろう!

と女将の夫が山に向かった。

丈夫な木で炉を作ろうとしたのだ。

だが、いくら探しても

そんな木は見つからなかった。

山に入って3日目、体力が限界を迎えていた。

そのとき、目の前に現れたのは

樹齢500年を超える楡(にれ)の木だった。

その木で炉を作った。中を手作業でくりぬいた。

完成まで4年を投じたのだ。

こうして、「炉」が五醍に蘇っていったのだ。

現在、娘に引き継がれている店。

親子で継がれたキンキの味は・・・

吉田類「キンキっていうのは自らの脂で焼いている」

宮澤「プリプリです。すごく脂が乗っている」

吉田類「思い入れ。想いをつなぐ歴史。」

スポンサードリンク

4コロッケがモノマネで敗北したのは誰?

コロッケが震えるほど感動したモノマネとは

誰のモノマネだったのでしょうか?

それは、、、

山寺宏一さんのルイ・アームストロング

「What A Wonderful World」

歌と楽器の神業モノマネです。

スタジオで山寺さんが披露してくれました。

坂上忍や出演者から、拍手が湧き起こりました。

そして、山寺宏一が魂震えた

コロッケのモノマネは長渕剛のモノマネ。

早速スタジオで披露してくれます。

「とんぼを歌っている途中で友達を見つける長渕剛」や

「鳩ぽっぽを歌う長渕剛」

コロッケは自分から「これ放送しないほうがいい」と

ダメ出しをしていました。

3月11日の1番だけが知っているは、

盛りだくさんの内容でした。

次回はテレビ初登場の手品師が登場します!

楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする