イチローが引退発表会見で生き様や引退後の生活について語る!




今日3月22日、イチローが引退発表会見で

生き様や引退後の生活について語っています。

速報でお伝えしていきます。

スポンサードリンク

1生き様で、見てもらってうれしいところは?

生き様というより生き方についてだが、自分の中にはかりがある。

自分の限界を見ながら変えていくことでしか自分を超えることができない。

間違ったことを続けていくこともある。

遠回りすることでしか本当の自分に出会えない。

そういう点を見てくれていたとしたら、嬉しいし、

見てもらえなかったとしても、嬉しい。

2イチローは、引退後は、何になるのか?

そもそもカタカナのイチローはどうなんだろう?

元イチローも変だし、、、書くときどうなるんだろう。

プロは、自分の子供さえも指導できない。

自分は、今日をもって元イチローになるので、

高校生、中学生、小学生など子供を教えることには興味がある。

スポンサードリンク

3引退することについて考えていたか?

クビになるのではないかということは常に考えていた。

4試合後に、菊池雄星が号泣した際の会話は?

プライベートで2人の会話なので、秘密。

自分から言った言葉を人前で話したら、

絶対信頼されないので、言いません。

5アメリカのファンへのメッセージは?

アメリカのファンは最初は厳しかったが、

言葉ではなく、行動で結果を残した後の敬意は

すごく迫力があった。

なかなか仲間に入れてもらえなかったが、

入れてもらった後は、

がっちり中に入れてもらえた。

シアトルはそう感じました。

ニューヨークは厳しかった。

マイアミはラテンの文化で、圧はないが

勝てないと人は来てくれなかったですね。

ファンの特徴を見るだけで、

アメリカはすごく広いと感じた。

最後に、シアトル・マリナーズのユニホームを

お見せできなくて残念な思いはあります。

スポンサードリンク

5妻ゆみこさんへの思いは?

頑張ってくれました。

握ってくれたおぎにりは2800個くらいだった。

妻は3000個握るのが目標だった。

なので握らせてあげたかった。

妻にはゆっくりしてもらいたいです。

妻と愛犬のイッキュウには、感謝の思いしかないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする