久世福商店はショッピングモールだけでよく見る店!年商や儲かる理由は?がっちりマンデー




久世福商店は、和風な食品を取り扱うお店です。

なぜか、ショッピングモールだけでよく見ると思いませんか。

久世福商店は、その独自の売り方で、儲けています。

儲かる理由について、11月4日のがっちりマンデーで放送されていましたのでご紹介します。

がっちりマンデーで紹介された商品「ねばねば昆布神楽なんばん」

  1. 久世福商店の商品が売れる出店のワザ
  2. 久世福商店の商品が売れるバイヤーのワザ
  3. 久世福商店の年商

スポンサードリンク

1久世福商店の商品が売れる出店のワザ

久世福商店では、

万能だし 1200円

さんまの佃煮 600円

といった和風な食品を取り扱っています。

年間で72店舗出店中、66店舗がショッピングモールです。

儲かる理由を山田社長に聞くと・・・

ショッピングセンターに日本の物を取りそろえたお店は意外となかった

と言います。確かに、カルディなど海外の者を取りそろえたお店はありますが、日本の食品を取り扱う店はこれまでなかったかもしれないですね。

日本のちょっといい商品を売る久世福商店。

自社ブランドが数多くありますが、商品をどうやって作っているのでしょうか。

久世福商店では、バイヤーが日本中を回ることでよい商品を見つけてくるのだそうです。

久世福商店が自分たちで作るのではなく、地元メーカーに作ってもらっています。

山田社長は、

地方にいいものがたくさんある。地元メーカーは、どうやって売ったらいいか分からない。

久世福商店ではちょっとグレードアップし、おいしく見栄えよくしている。

と話していました。

久世福商店の作戦は、

ものはいいのに、売り方がいまいちな商品をブレイクさせる

というものなんですね!

例えば、「屋久島の鯖スモーク」は、

さば」が目立っていたのですが、主婦の好きな「スモーク」を目立たせました。

さらに「さば節屋の」とネーミングをしさりげなく老舗感を出し、5万パックを達成しました。

屋久島さば節屋のさばスモーク

2久世福商店の商品が売れるバイヤーのワザ

続いて、商品開発のカギを握るバイヤーのワザについて知っていきましょう。

久世福商店には、6人のバイヤーがいます。

今回は、バイヤー池田倫司さんと、新潟の漬物メーカーとの打合せにがっちりマンデーが取材。

久世福商店の「ねばねば昆布」500円は、野沢菜の漬物です。

ねばねばな食感が人気で累計200万パック以上売り上げています。

今回、新しい味を追加するため、地元メーカーのオフィスで相談しました。

今回追加するのは、神楽なんばんです。

神楽なんばんは、新潟の唐辛子なんですよ。

地元メーカーの小川克彦さんは、唐辛子の配合を

2%、3%、5%と3種類用意し、

バイヤーの池田さんが試食します。

すると、池田さんからは

「唐辛子の比率を、一番多い5%よりも信じられないくらい多くしてみましょう」

と提案があり、10%にするよう提案。

地元メーカー担当者からは、

「今年の作付けが終わって収穫が済んでおり、確保できているのは500Kgのみ。

含有量を増やすと半分しか出荷できません。」

と相談がありました。

すると池田さんは、

「全国のみなさまにおいしいものを届けたい。数量限定で販売しましょう」

と話しました。

数量が少ないデメリットを逆手にとって、数量限定で販売するという戦略、大したものですね。

グイグイと口出しする池田さんのことが気になったスタッフが、

地元メーカーの担当者に「むかつかないですか?」と尋ねました。

すると、地元メーカー担当者は、

「当初は売り上げが小さくて大変だったが、今は販売量が10倍になった。なんでも言ってください」とにっこり。

スポンサードリンク

3久世福商店の年商

ショッピングモールに集中出店することや、バイヤーの商品開発のワザにより、

久世福商店の年商は47億円だそうです。

いかがでしたか?

私はパーティーのビンゴの景品で久世福商店の柿の種をもらったことがあり、

「おしゃれな和食ものが売っているなぁ」というイメージしかありませんでしたが

がっつり儲けていることを知り、またお店に行ってみたくなりました。

すごい勢いでショッピングモールに増えている「ペテモ」というお店についても記事にしています。

よかったらご覧くださいね!

あなたは、ショッピングモールだけでよく見るお店、ペテモをご存知でしょうか? ペテモは、がっちりマンデーで特集された、ペットショップなん...

通販でねばねば昆布を楽しみたい方向けの記事を見つけました^^

久世福商店の昆布お取り寄せ通販は?レシピも紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする