ゴッホが浮世絵を知った前と後の変化は?【教えてもらう前と後】




3月12日の教えてもらう前と後では、

ゴッホが描いた絵が変化したことを紹介しています。

ゴッホが浮世絵を知った前と後の変化について

速報でお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

1ゴッホが浮世絵を知った前と後の変化は?

ゴッホは浮世絵を見て、

影がないことに驚きました。

浮世絵は版画なので、技術的に影がかけないので

せんと平面だけでできている。

「日本には影がない!」とゴッホは驚きました。

それまでのゴッホの絵には影がありましたが、

以降、ゴッホの絵は線と平面だけで描かれるようになりました。

ゴッホがいなければムンクもいなかった。

ひまわりはクロムイエローを好んで使った。

黄色の魔術師になっていくゴッホ。

そしてゴッホには欠かせない色があった。

それは、白。

ゴッホは浮世絵のような色を出そうと

大量の白を混ぜていたという。

ひまわりには、数百種類以上の黄色が使われている。

ゴッホは、新たな技法を作った。

直接絵の具をキャンバスに塗っていった。

ひまわりは絵の具の厚塗りです。

浮世絵には、おうとつがあります。

これがゴッホの原点そのもの。

ゴッホの絵って、一枚ではなくて、

7枚あるって知っていましたか?

しかも日本で見ることができるゴッホのひまわりが

あるんです。

大塚国際美術館。7枚、ゴッホの絵を再現したものです。

1987年、保険会社の損保ジャパン日本興亜損保が53億円で競り落とした。

実はこれは模写なので完成度が高い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする