弥坂湯は箱根湯本で地元民に愛される名湯!箱根の世界【マツコの知らない世界】




3月12日今日のマツコの知らない世界では、

箱根のドン田中さんが紹介する名湯!を紹介しています。

弥坂湯の他には、いったいどんな温泉があるのでしょうか?

速報でお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

1地元民が愛する小浴場 弥坂湯

料金650円。

源泉があさく、劣化がほとんどない。

無味無臭。硫黄の香りがしない。

独特の匂いを気にする必要がない。

トゲトゲしない。

肌にまとわりつくアルカリ性単純温泉。角質を除去する性質。

泉質の良さは美肌効果が期待できます。

スタジオに温泉の湯を持ってきてくれました。

マツコの手を温泉につけました。

マツコの手は、ローションを塗ったみたいになりました。

風呂上がりに楽しみたい

竹いち すり身団子。

6こ入り 850円です。

練り製品の技術が進歩している箱根。

ビールにも合います。

マツコ「美味しい」

スポンサードリンク

2亀の湯

続いて、宮之下・小湧谷

NARAYACAFEや

富士屋ホテル ヘレンケラーもきた。

ここには外国人が疎開。だから戦争で爆撃を受けなかった。

美肌の湯。

亀の湯。

一見すると普通の一見や。

誰もいない時は、箱に料金を入れて勝手に入ります。

ご主人が不在でも入れるのが地元民に人気の理由。

亀の湯の温泉は、箱根随一の美肌の湯。

古い源泉を使っている。出た後にスベスベする。

敷地内にある自家源泉。劣化しない。

亀の湯があるのは名湯が集中するエリア。

このお湯にもマツコが手を入れます。

効能は筋肉痛。お肌スベスベ

「お肌綺麗になっても明日は税理士と打ち合わせだけ」と惜しむマツコです。

スポンサードリンク

3地元民に愛される小浴場 かま家

かま家。

ネーミングにマツコが反応。

ここは、大涌谷の白濁のお湯。

源泉は大涌谷。吹き出る蒸気から作った造成湯。

火傷など外傷に効果があると言われている。

風呂上がりに楽しめるのが釜飯。

実は、温泉を併設した釜飯店。

温泉に入る前に注文して、出た後に釜飯を食べる。

新鮮な魚介を6種類揃えています。

強羅 かま家

以上、知られざる名湯3選でした。

4 スコット

箱根から初めて出た、門外不出のカニクリームコロッケ。

マツコが食べます。

隠し味は蟹味噌。蟹味噌が結構効いています。

箱根地元民のソウルフード。

マツコはIKKOが箱根に行っているのを気にして

「IKKOさん軽井沢あげるから箱根ちょうだい」とテレビに向かって

おねだりしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする