冨永潤は昭和家電を愛する異常者?日本最古のテレビ【マツコの知らない世界】




今日3月12日のマツコの知らない世界では、

冨永潤さんという方が登場しています。

この方は、昭和家電を愛しており、7000万円を

つぎ込みました。

早速速報でお伝えしていきます。

スポンサードリンク

冨永潤さんは、スナックパンを一週間に一袋というくらい切り詰めて

昭和家電を集めています。

昭和34年ごろの家電には脱水機能がついていない洗濯機もあり、

手動の絞り機があったりしました。

そのころのTVはラジオ付きなど付加価値をつけたTVが出だしました。

ワイヤードリモコンテレビが登場しマツコが操作していきます。

マツコは「ナースコールみたい」と言います。

昭和35年のリモコン。電源オンオフや、音量の操作もできて画期的。

冨永潤さんはあまりにも昭和家電が好きすぎて、

昭和の家電のレンタル業をしています。

ALWAYS三丁目の夕日でもテレビを貸し出しました。

そんな冨永さんをマツコデラックスは「異常者」と呼びました。

日本最古のテレビを持っています。

そして、日本初のリモコンテレビも。ワイヤレスです。

リモコンテレビを、マツコが操作してみました。

すると光を当てるとチャンネルが変わるんです。

映し出されるのは放送中の番組。綺麗に写っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする