松本明子は恩人、原田龍二は真面目!仲良し義兄妹で徹子の部屋!本宮泰風も!




こんにちは!

今日11月8日の徹子の部屋は、松本明子さんと

原田龍二さんがゲストでした。

最初の15分は惜しくも見逃してしまいましたが、

そのあとはしっかり楽しめました。


前半は松本明子さんと原田龍二さんのエピソードが紹介され、

後半はお互いを一言で表す言葉を紹介し合い、

最後は、本宮泰風さんが2人のことを

どう思っているかも紹介されました。

ざっくりとご紹介しますので、どうぞお楽しみください!

まず、番組での話に入る前に、松本明子さんと

原田龍二さんの関係について確認しておきましょう。

(たぶん最初の15分間で2人の関係について

紹介があったのでは?と思います)

松本明子さんは、原田龍二さんの弟である本宮泰風を夫に持ち、

原田龍二さんの実母と同居生活しているのだそうです。

松本明子さんにとっては原田龍二さんは夫の兄にあたるわけですね。

では、早速本題に入りましょう。

スポンサードリンク

1原田龍二さんの呼び方

松本明子さんは原田龍二さんを

親しみを込めて「お兄ちゃん」と呼んでいます。

最近は、2人で共演して旅行をする番組も

あるのだそうです。

2原田龍二さんの肉体美と懸念

続いて、話題は原田龍二さんが肉体美を披露する

電子写真集を出したことへ移りました。

この写真集について、原田龍二さんの妻は

喜んでくれているそうです。

原田龍二さんの息子さんも、原田龍二さんと

似ている部分があるので楽しんで

受け止めているのだそうです。

しかし、小6の娘には、

まだ写真集を出したことを伝えられていない

という原田さん。

黒柳徹子さんも「多感な時期ですからね〜」

とうなずいていました。

追記 2019年4月に、13才になった娘さん。

原田龍二さんのブログでは、娘さんに向けて

「いつまで一緒に寝てくれるんだい?!」と

コメントされており、現在も一緒に寝ていることが

明らかになりました。

こんな素敵なお父さんとなら同じ部屋で寝ても

嫌じゃないんでしょうね。

そして、お盆芸についても説明がありました。

原田さんは、「アキラ100%という芸人さんの

カバーをさせていただきました」と説明。

年末に、松本明子さんの家に、

原田龍二さんのご一家が訪問して、

集まっているさなかに、

原田龍二さんが「俺も出るよ」と話していた番組が、

なんとお盆芸だったそうで、

松本明子さんはびっくりしたそうです。

松本明子さんいわく、

「御勝手でお義母さんが涙ぐんでました」と話していました。

原田さんは、それについて

「理解してくれてると思います」と即答していました。

年末のお盆の後から、原田龍二さんが

バラエティー番組に登場するようになり、

松本明子さんとの共演も増えていったのだそうです。

スポンサードリンク

3松本明子と原田龍二がお互いを表す言葉は

ここでは、お互いがどう思っているかを

色紙に書いたものが用意され、

その色紙を手にお互いを紹介し合いました。

松本明子さんは原田龍二さんを「真面目」

原田龍二さんは松本明子さんを「恩人」と表現しました。

松本明子さんは、原田龍二さんを

「ふざけたこともするけど、言われたことを

真面目にやるし、嘘をつかない」と

真面目な面を話しました。

原田龍二さんは、松本明子さんを

「バラエティー番組などに

出演させてもらうことができ、

松本明子さんのおかげ。

母の面倒も見てくれて、

弟との関係も(良くなった)。」と

公私ともに恩人であることを伝えました。

スポンサードリンク

4本宮 泰風さんからの言葉

番組が、松本明子さんの夫、

本宮 泰風さんにアンケートを取り、

それを黒柳徹子さんが紹介していました。

松本明子さんと原田龍二さん、2人の共通点は?

という問いに対し、

全裸になるところ。

と回答。

続いて、

松本明子さんと原田龍二さん、2人の全く違う点は?

の問いに対し、

一人は家の中で全裸、もう一人は家の外で全裸になるところ。

と回答。

松本明子さんは、家の中でパンツと靴下で

過ごしているのだそうです。

また、本宮 泰風さんは兄の原田龍二さんを

ほほえましく思っているのだそうです。

以上、今日の「徹子の部屋」の話題についてご紹介しました。

松本明子さんと原田龍二さんの旅番組、見てみたくなりました。

共演の場がもっと増えてくれることを期待したいと思います。

ありがとうございました。

追記 原田龍二さんの温泉芸とも言うべき

動画を見つけたので、よろしければご覧ください。

なぜかダチョウ倶楽部のリーダーと温泉に入っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする