水派(プロゲーマー)の本名や年収、恋人(彼女)は?【沼にハマって聞いてみた】




水派(みずは)さんは、格ゲー界の貴公子と呼ばれるイケメンプロゲーマーです。

水派さんの本名年収恋人(彼女)がいるかどうかについて調べましたので紹介していきます。

11月5日 沼にハマって聞いてみた

「水派 本名」の画像検索結果

  1. 格ゲー界の貴公子 水派のプロフィール
  2. 格ゲー界の貴公子 水派の年収は
  3. 格ゲー界の貴公子 水派の恋人(彼女)は?

スポンサードリンク

1格ゲー界の貴公子 水派のプロフィール

それでは、早速水派(みずは)さんのプロフィールを確認していきましょう。

プロフィール

愛称 朱雀 鳥氏 イビルチュンリー

本拠地 東京近郊

生年 1995年(23歳)

所属 Scarz Youth  2018年1月17日~

称号 朱雀(RAGEマスターリーグ朱雀杯 スト5 優勝)

プレイ歴・メインキャラ
ウルトラストリートファイターIV (ユン、元、ヴァイパーなど)
ストリートファイターV(春麗)
ストリートファイターV AE(春麗、コーリン)

水派さんの性格については、このような紹介がありました。

攻略を積極的に言語化するタイプで、おっとりとした喋り方が特徴。

本人によれば意外と負けず嫌いな性格らしい。手作りケーキを披露したことがある。

スポンサードリンク

ゲームで勝つためには、負けず嫌いな性格は大事なのかもしれませんね。

手作りでケーキを作るとは、やはり手先が器用なのですね。

本名については、残念ながら分かりませんでした。

11/4の沼にハマって聞いてみたの放送時に、水派さんの練習について紹介されていました。

水派さんの自宅の部屋で、紹介された練習方法がこちら

  • 水派は、毎日4〜5時間練習している
  • 水派は、練習部屋では、練習と寝る以外には何もしない
  • 水派は、コンピューター相手に練習をしている
  • 水派は、練習に飽きることはなく、反復練習をすることで成功率が上がるのならいくらでも反復練習をしたいと思っている。
  • 水派は、ピアノ押し(1つのボタンを2つの指で押す)ができるアーケードコントローラーを使用している

秘密の特訓場所で取材し、紹介された水派さんの練習方法がこちら

  • 秘密の特訓場所にプロゲーマーのみ入場できる練習場所がある。そこではEVOで優勝したときどさんにも挑むことができる。水派はときどさんに大技を出さずに挑んだ。
  • ときどさんは、水派のプレイに対し「自由にさせすぎ」と厳しいアドバイスをする。
  • 水派について尋ねられたときどさんは「一人のライバルとして見ている」と評価
  • 周囲のプロゲーマーからは、「水派は20代の中では、腕がある」とみられている。

練習方法については以上のような紹介がありました。

うまくなるためには、才能というよりもどれだけ効率的に練習ができるかという部分が大きそうですね。

スポンサードリンク

2格ゲー界の貴公子 水派の年収は

水派さんの年収は本人に聞かない限り分かりませんので、

今回は、プロゲーマーの平均年収を調べてみました。

すると、プロゲーマーの平均年収は、468万円でした!

水派さんも500万円前後の年収と推測できますね。

23歳で500万円なら、年収が高いほうと言えます。

海外では、ゲームの優勝賞金で億円というものもあるそうですが、

日本では、規制があり、賞金を高く設定できないのだそうです。

また、チームで戦うため、優勝賞金を分配することになり、結果的に

1人当たりの賞金額はそれほど多くないのだそうです。

スポンサードリンク

3格ゲー界の貴公子 水派の恋人(彼女)は?

水派さんの恋人(彼女)情報は見つかりませんでした。

ただ、プロゲーマーの仕事内容が、

【プロゲーマーの仕事内容】
日本よりも、海外での遠征で数多くの対戦型オンラインゲームに参加し、優勝賞金を獲得することで生計をなりたてるお仕事です。
世界ではスポーツのジャンルととらえられています。
日本ではまだまだ遊び程度と思われているため実質のプロゲーマーと呼ばれる人はあまりいません。

というように、海外遠征の多い仕事ですので、恋人との時間を確保するのはなかなか難しそうですね。

現在のところ、水派さんの恋人はゲームだと思っておくと夢が持てます。

最後に、水派さんが穏やかな笑顔で登場する姿をご覧ください。

スポンサードリンク

いかがでしたか?

日本ではまだまだプロゲーマーの存在が知られていませんが、世界的には5500万人いると言われており、今後は子供たちの憧れの職業になっていくかもしれませんね。

今後も、水派さんの活動を応援していきたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする