井上大仁快走?ニューイヤー駅伝2019!激戦の4区は2020日本代表候補が激突




本日開催のニューイヤー駅伝2019ですが

現在、4区です。

激戦の4区は、2020年日本代表候補が激突です。

花の4区を制するのは誰なのでしょうか?

スポンサードリンク

現在、快走を続けている井上大仁(いのうえひろと)。

第3位まで追い上がってきました。

4区10km個人では、28分16秒。

中間点に行く前に、

旭化成、富士通を追い抜き

MHPS 井上大仁が一位に出ました。

間も無く中間点を迎えます。

3区地点ではトップと1分1秒の差がありましたが、

中間点前で、井上大仁が1位に出てきました。

そして井上大仁が、2位を5mほど引き離し始めました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする