武田真治がぐっさんと下町レトロな商店街で食べ歩きロケ!にじいろジーン




武田真治が、今日のにじいろジーンで

下町レトロな商店街でぐっさんと食べ歩きをしています。

初めて商店街ロケをする武田真治。

立見仲見世商店街

昭和レトロな町並みを残す商店街です。

スポンサードリンク

2人が最初に行ったのは、

50年くらいの焼き鳥やさん。

国産地鶏を使ったももネギ。

継ぎ足しで使っているタレを使用しているそうです。

武田真治はももネギを食べて「おいしい💕」と喜んでます。

続いて、美味しそうなおでんがあるのは、

丸忠蒲鉾店。

おだしの色は薄めです。

武田真治が生姜を食べています。

次の店は「サクライの餃子屋さん」。

一度食べたらハマってしまうという餃子。

顔の彫りが深い武田真治が、餃子を食べている姿が

なんとも面白いです。

ぐっさんはこのお店の野菜サラダ(ポテトサラダ)を

食べてうっとり。

続いて、からだ占い。薬局の方がやってくれます。

1972年12月18日生まれの武田真治は

「目の人」

目ざとい人だそうです。

武田真治の悩みは、「婚期。逃してしまっているんじゃないか」

と心配しています。

薬局の薬剤師さんから

「婚期近いですよ〜50歳くらいまでチャンスあります!」

と言われて、上機嫌になりました。

続いて手作り芋羊羹。

お茶もついて500円のお得なセット。

芋羊羹にあんことクリーム。

武田真治が「食べたことのない味わいですね」

とコメント。

続いて楽友工房。陶芸を見ています。

絵付けを始めました。体験工房でやってみることになりました。

大きな絵皿に「武田真治」と書いた作品。

堂々としていていいですね。

体験代は一人3000円。

以上、武田真治さんの下町レトロな商店街の食べ歩きでした。

スポンサードリンク

スタジオで見ていた原田龍二さんは、からだ占いに興味津々。

「全身脱いで見てもらえないでしょうかね?」

と話して、ぐっさんから突っ込まれていました。

このあと9:55分まで放送は続きますので、

ぜひTVでご覧になってみてはいかがでしょうか。

今日のぴったんこカンカンで 大泉洋さんが福山雅治さんの面白すぎる伝説について 話していました。 スポンサードリンク ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする