アイドル

Route246の意味や歌詞は?友情や道!齋藤飛鳥のコメントや配信日も!

7月16日、乃木坂46の新曲を

小室哲哉さんが担当したと発表されました。

 

小室哲哉さんは2年前に引退してから

復帰説が流れたものの、

否定していました。

 

しかし、秋元康さんからの強い

応援があって、今回乃木坂46

新曲Route246を作曲し、

配信するに至りました。

 

Route246の意味は何でしょうか?

歌詞も気になります。

友情や道についてもお伝えします。

齋藤飛鳥さんのコメントや配信日も

確認していきましょう!

 

それではさっそく

Route246の意味や歌詞は?友情や道!齋藤飛鳥のコメントや配信日も!

についてお伝えします!

スポンサードリンク

Route246の意味や歌詞は?友情や道!

Route246(ルート・ツー・フォーティシックス、7月24日発売)

の配信が楽しみです!

 

乃木坂46の新曲タイトル

Route246の意味について

まずは確認しましょう。

 

「Route246」と検索すると

国道246号線が出てきます。

しかしながら、国道のことを

歌った歌であるはずがない・・・

いや、そんなことはないですね。

グループ名が乃木坂なのですから

国道でもおかしくはないです。

 

Routeと言うのは、経路、路線という

意味があるのです。

と言っても良いと思います。

 

今回の新曲は、「Route246」

について歌っている歌なのだと

推測できます。

 

ではどう言うなのか?

 

今回小室哲哉さんは、

長い付き合いのある秋元康さんから

「曲を書いてよ」と1年間背中を

押され続け「悩みに悩んで」楽曲を提供しました。

2年3ヶ月ぶりとなる“復帰作”については

「今回のコンセプトは友情でした。

友人の期待に応えたい一心で今作を作りました。

一貫した、らしさは表現されているのでは?

と感じています」と振り返りました。

 

そして「Route246」は

ルート・ツー・フォーティシックス

と読みます。

246じゃなくて、2と46

なのです。

以上のことから、友と2人で共に歩む道

という意味なのではないか?

と推測しました。

 

秋元康さんと小室哲哉さんの

友情の歌だったら少し

むさくるしい気もしますので、

きっと乃木坂46のメンバー

たちの友情について描かれている

曲なのでしょう。

スポンサードリンク

新曲Route246に齋藤飛鳥がコメント!

新曲「Route246」でセンターを

務める齋藤飛鳥さんは

「もともと小室さんのファンだったので、小室さんが乃木坂46のために曲を作ってくださったことが何よりもうれしく、また楽曲も“小室さん感”があふれていて、個人的に本当にうれしかったです」と喜び、「この楽曲の曲調と乃木坂46の組み合わせで、どう化学反応が起こるか楽しみです!」とリリースを心待ちにしている。

と話しています。