さくらももこの作詞で桑田佳祐断れず!合唱曲「ぜんぶ」も素晴らしい!




昨日のとくダネ!では、さくらももこさんの追悼番組をやっていました。

そこで紹介されていたのが、さくらももこさんの作詞についてです。

  1. 桑田佳祐へのオファーは?
  2. 合唱曲「ぜんぶ」が壮大?
  3. おどるぽんぽこりんの歌詞のすごさ

スポンサードリンク

1桑田佳祐へのオファーは?

さくらももこさんが歌詞を提供した芸能人は多岐にわたるそうです。

和田アキ子さんや、ゴールデンボンバーも歌っています。

アニメちびまるこちゃんでは、

桑田佳祐さんの曲が5年間放送されましたね。

桑田佳祐さんのところにさくらももこさん直筆の手紙が届いて、

「ぜひ曲を作ってください。」と書いてあり、

2枚目を見ると、さくらももこさんの書いた詩がそこに

Aメロ、Bメロ・・・と書かれていたそうです。

手紙には、「無理なら断ってください」と書いてあったそうですが、

断れなかった桑田佳祐さん。

さくらさんの詩に、曲を付けて「100万年の幸せ!!」が完成。

じっくり歌詞を聞いてみてください。

スポンサードリンク

2合唱曲「ぜんぶ」の歌詞が壮大?

合唱曲「ぜんぶ」をご存知ですか?

さくらももこさんが作詞した曲なのだそうです。

とても壮大な曲ですね。

心にしみじみ響いて、じーんとしました。

さくらももこさんは、ちびまるこちゃんのイメージが強いのですが、

こうしたまっすぐな曲を作っていたのは知りませんでした。

さくらももこさんが亡くなったのは寂しいですが、

この曲を通してさくらももこさんを感じていきたいと思います。

3おどるぽんぽこりんの歌詞のすごさ

子供の頃は、楽しい曲だな〜と思って不思議に思いませんでしたが、

大人になってみると、子供の頃に感じた感覚をそのまま持ち続けて

言葉にするさくらさんって、とても貴重な才能の持ち主なのだと思います。

私は30歳半ばなので、小学生の頃ちびまるちゃんのアニメが始まりました。

「がーん」「たら〜ん」といったちびまるこちゃんならではの効果音を、

会話の中に自然と取り入れていました。

毎月のりぼん発売日を楽しみにして、こづかい約400円を握りしめて

本屋さんに行っていました。

15年ほど前に発売された「永沢君」は、私が購入した中でも思い出深い本。

まるごと一冊永沢君が主役の漫画で、中学生になった永沢君を描いていました。

もう一人、プサディという女の子が、楽しい友達だったのを覚えています。

「まる子、南の島へ行く」で登場したプサディ。

私は、まる子がプサディのいる南の島へ行くすごろくを持っていました。

懐かしいです。

さくらももこさんがなくなって早3か月が経ちました。

まだまださみしいですが、作品を見て

これからもさくらももこさんのことを想っていきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする