須藤弥勒のスランプ脱出法は?天から声が?【いま知りたい天才5人VSさんま岡村】




須藤弥勒さんは8歳の天才ゴルファー

世界ジュニア選手権を5歳で制覇。

史上初の大会連覇。

彼女の最大の持ち味は性格無比なコントロールショット。

父の進めで毎日10時間練習を続けていた彼女。

集中力がすごいです。

お父さんの厳しい指導もなんのその。

笑顔です。

世界からもっとも注目を集めるゴルファーです。

「ゴルフも勉強も大好きです」と弥勒ちゃん。

父の憲一さんは「集中しすぎておしっこ

漏らしても気づかない」と言います。

お父さんもゴルフはしないのだそうです。

本とYouTubeを見て研究したお父さんが

指導しました。

佐藤浩市さんにとっては

弥勒ちゃんは有名人です。

将来の夢はジュニアのメジャーを

とってマスターズ5個とって伝説になりたい

と話します。

堂々としていますね。

8歳の頃の私なんて、学校に行くのが

面倒臭くて嫌だった思い出しか

ありません。

HIKAKINはスキージャンプやってたので

オリンピックに出たいと思っていたそうです。

勉強は学年トップの須藤弥勒さん。

そろばん1級でピアノと習字をしています。

ゴルフも勉強も頑張っています。

スポンサードリンク

須藤弥勒のスランプ脱出方法は?

スランプの脱出方法は何でしょうか?

天から声が降ってくるのだそうです。

一体どういうことでしょうか?

前半がすごく悪かった時に考案

「虎の目は私の目 目は私を導く」

という言葉が降ってきたのだそうです。

どこかで見た言葉ではなかった。

天の声を心で呟くことで集中。

そこからどんどん入るようになったのだそうです。

「私はゴルフの神様と相談して

どの家に生まれてくるか決めた。」

と2さいで話したのだそうです。

綾野剛さんは

「今までの生き方を捨てる」

「今までのやり方でダメだったのであれば

それを捨てる必要があります。

その後に、実は今までのやり方が

後押ししてくれることもあるので。」

「一時期セリフが全く発声出来なく

なることがありました」

佐藤浩市「分かっているのに

出てこなくなることがある。」

綾野剛「ありがとうという

言葉が出てこないことがあります。

このありがとうで相手に本当に伝わるんだろうかと」

さんま「スランプなんてない。

出来ないって分かってやっているから

スランプなんてない。」

スポンサードリンク

須藤弥勒は岡村のスランプ脱出法にダメ出し

岡村隆史さんのスランプ脱出法は「休む」です。

「アカンと思ったら休んでください。」

須藤弥勒「休むというのは不満なんですよ。

練習しとかないといざというときに失敗する」

須藤弥勒ちゃんはお父さんが作った練習場で

すごい練習をしています。

バランスボールの上に立ち、

ひたすらボールを飛ばす須藤弥勒ちゃん。

軸をぶらさないようにするんです。

お父さん考案の独特のトレーニングに

「私が一番よ!」と宣言。

「ハートが強いんだ!」と3人で鏡に

向かって絶叫します。

ハートが強いんだという言葉については

「思ったことができるので

次の日からそれに向かってトレーニング

できるのでメンタルトレーニングです」

と話しました。

夜寝る前に、「ハートが強いんだ!」と

言ってから寝ると寝てる間に強化されるのだそうです。

弥勒ちゃんのCM動画を見つけました。

須藤弥勒ちゃんのお父さんは

須藤憲一さんで東大卒です。

以前は東京大学の教授をしており

仏教を専門にしていました。

今は弥勒ちゃんのゴルフサポートを

メインにやっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする