いかりや浩一(息子)が語る!志村けんといかりや長介の秘話【金スマ】




今日の金スマでは、

いかりや浩一(息子)が語る!志村けんと

いかりや長介の秘話が放送されています。

スポンサードリンク
志村けんさんは

「いかりや長介の笑いの作り方が

勉強になっている。

僕一人じゃやらずに、誰か置いている。

それが5という数字だったりしますね」

と話します。

いかりや長介の息子いかりや浩一さんは

いかりや長介の姿を語りました。

ドラマの俳優としてもがいていた頃の

いかりや長介。

いかりや浩一

「父は、8時ダヨ!全員集合!が終わった後の

志村けんの番組を見ながら、

飲みながらああだなこうだな

と言っていました」

2003年12月での40周年の大爆笑の収録では

声が相当出てなかったいかりや長介。

いかりや長介は

「今日オープニングをやったんだけど

足並みが揃わなくて。でも志村だけが

ピタッと合わせてきたんだよ」

と話していたそうです。

この3ヶ月後、いかりや長介は人生の幕を下ろした。

72才のことだった。

スポンサードリンク
弔辞は加藤が読んだ。

「そのうち本当に全員集合になるかもしれない。

その時は向こうでまたコントやろうよ。

ゆっくり休んでちょうだい」

志村けん

「家族みたいなもんですからね。

そのうちの一人が亡くなったなぁ、っていう・・・」

いかりや長介は、治療を続ける中で

こんな行動をとっていたという。

余命いくばくもない頃、

実は、志村けんさんの舞台を観に行ったんだ

そうです。

舞台が終わってから

スタッフの方が志村けんに

「実は今の回、いかりやさんが観に来ていたよ」

と話したそうです。

いかりや長介は息子に

「志村けんの舞台を観に行って

終わった後スタッフから声をかけられたけど

舞台挨拶をせずに帰ってきたんだよ」

と話していたそうです。

メモでの走り書きを見せてくれました。

いかりや長介の最後のメモに書かれていたものは・・・

意識が朦朧とする中で綴った言葉は

「加藤がえらい。志村がえらい」

直接本人には言えなかった言葉でした。

ずっと活躍し続ける志村けんの姿を

誰よりも喜んでいるのは

いかりや長介だったのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする