高津臣吾はいつから監督に就任したの?年俸は?【ヤクルトスワローズ】




10月17日に行われたドラフト会議では、

ヤクルトスワローズの高津監督

くじを引き見事石川・星稜高の

奥川恭伸投手の交渉権を獲得しました。

無事に役目を果たしてホッとしたことと

思います。

ドラフト会議で高津投手が監督になって

いることに初めて気づいた方も多いようです。

高津臣吾さんはいつから高津監督に

就任していたのでしょうか?

早速確認していきましょう!

スポンサードリンク

高津臣吾はいつから監督に就任したの?

高津臣吾さんは2014年からヤクルトスワローズ2軍の監督に

就任していました。

さらに10月1日にはプロ野球ヤクルトの

新監督に就任しました。

10月1日、東京都内で記者会見した時のコメントはこちら。

「何とかスワローズの投手を再建して、もう一度新しく、すばらしい投手陣をつくりたい」

最下位に沈んだチームは今季、防御率4・78、失点739、被本塁打168と、いずれも12球団ワーストを記録しています。

高津監督の年俸は?

10月1日付の朝日新聞記事によると高津監督の年俸は

3年契約で、年俸は8千万円(金額は推定)

です。

スポンサードリンク

どうやって交渉権を引き当てた?

今回のドラフト会議では、石川・星稜高の奥川恭伸投手

の交渉権をどうやって引き当てたのでしょうか?

右手で封筒を一度かき混ぜ、最初に手に当たった封筒を

引いた高津監督。見事交渉権を引き当てて、

壇上で右手を掲げていました。

高津監督は「肩の荷が下りた。一番はうれしいです」と

嬉しそうな表情でしたね!

1軍監督としての第一歩、良い仕事をしてくれました。

これからヤクルトスワローズが前進していけるよう

頑張っていただきたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする