適応障害から再チャレンジ!やりたいことを見つけて自分の人生を生きる




こんにちは、honokaです。

今日は私が適応障害から回復して

再チャレンジするようになった経緯

お伝えしていきます。

私は、3児の子育てをしながらフルタイムで

働くワーキングマザーでした。

毎日バタバタしながらも充実した日々を

過ごしていました。

しかし、10数年経ったある年の人事異動で

お局様が上司になったような性格の悪い上司

配属になりました。

そこで一気に体調を崩してしまいました。

毎日頭がぼーっとして

考えることができなくなりました。

夜は不安で眠れなくなりました。

人と話すのが怖くてレジでお金を

払うのも怖くなってしまいました。

病院に行くことを決意し、受診すると

適応障害の診断を受けました。

そこから休職し、最終的には

退職することになりました。

そんな大きな不幸に見舞われましたが、

今では回復し再チャレンジしています。

やりたいことに向かって

自分の人生を生きて行くことを決めました。

今ではそのお局様上司のおかげで

本当の自由に向かって歩み始めることが

できたなと感じています。

当時見える世界が暗かった私が

参考にしていたのは

  • うつヌケ
  • マンガで分かる心療内科
  • 森田療法の本

を読みました。


布団から出るのも大変なくらい

体はだるかったですが、

体験者の書いた本や心療内科の

先生が書いたマンガを読むと

「自分と同じような状況の人が

頑張っているんだ」

と勇気付けられました。

そして「私もいつかはまた

明るい気持ちになれる日が来る

と信じようと思いました。

スポンサードリンク

やりたいことを見つけて自分の人生を生きる

時間はかかってしまいましたが

再びやってみたいと思えることができて

チャレンジしています。

天気が悪い日は体調が悪くなる症状も

なくなっています。

とはいえ、無理をしたり

ストレスがかかると、体は正直なので

サインを出してきます

腰痛や咳が出てくるのです。

何もかもが病気をする前のように

元どおりにはならないけれど

前の自分よりも色々な苦労を乗り越えた分

成長したかなぁと思います。

もどかしいことが多いかもしれません。

「いつになったら元気になるんだろう」

と途方にくれることがあるかもしれません。

それでも、

またいつか、元気に明るい気持ちになれる日が

来ると信じていれば、そういう日は

やってくると思います。

もし同じような経験をして今苦しんでいる方が

これを読んでくださっているなら、

ぜひ、ゆっくりゆっくり、

マイペースに過ごしながら、

自分の嬉しいと思うことや

やってみたいことを尊重して

過ごしてみてください。

自分の心に素直になって過ごす

ストレスって緩和されて

心の平穏が蘇ったりするものですよ。

回復って本当に目に見えないくらい

少しずつではあるけれど

ちょっとずつ良くなっているものです。

薬を処方されると「本当にこんなの

飲んでいいの?」と不安になって

ネットで検索してさらに不安になって

しまうかもしれません。

私もしばらく薬の力を頼って

生活していましたが、

今はやめることができています。

適応障害になり薬(イフェクサー)を飲み始めてからやめるまで

やめるに当たっては、

医者の指示にしたがって

長い時間をかけて少しずつ薬を減らしていきました

病気になってから回復するまでは

いつまでかかるかと、途方にくれたことも

ありますが、今こうして元気になっていることを

お伝えしたいと思いました。

このことが同じように悩んでいる方の

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする