まずいトマトを作って年商3倍!一体何に使われるトマト?坂上&指原のつぶれない店




坂上&指原のつぶれない店では、斬新な発想でこれまでにない商品を作る方を

取り上げています。

1月20日の坂上&指原のつぶれない店では、まずいトマトを作って

年商が3倍になった農家、むすぶ農園の戸田さんのまずいトマトを取り上げました。

まずいトマトとは、どのようなものなのか、詳しく知っていきましょう。

スポンサードリンク

1まずいトマト農家の年商はいくらになったの?

まずいトマトの農家、戸田さんは10年目で年商3倍になっているそうです。

年商500万円から、1500万円に上がりました。

従業員は他におらず、男性一人で作っているそうです。

ということは、年収も3倍ほどになっていそうですね。

スポンサードリンク

2まずいトマトはいくら?

戸田さんの作っているまずいトマトは、約350円です。

普通のトマトより高いんです。

しかもまずいので虫がつきにくいとあって

育てるのが普通のトマトよりも楽なんだそうです。

高額で、しかも栽培が楽というのは、生産者にとって

嬉しいですよね。

他の農家さんが、まずいトマトを育てないのは、

農協が買ってくれないからだ、とむすぶ農園の戸田さんは説明しました。

むすぶ農園では、農協を通さずにトマトを売っているんです。

スポンサードリンク

まずいトマトを使って何を作るのか気になる場合は次のページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする